« Boredoms | Main | レピッシュ »

11/09/2004

ギターウルフ

 初めてギターウルフについて書いたもの。ビデオ「ギターウルフvsサンフランシスコウルフ」について。

 ギターも歪んでる。ヴォーカルも歪んでる。ドラムもベースも歪んでる。画面はくすみ、タイトルは滲み、カメラは揺れる。観客の声は度を越して大きい。

 とにかくうるさい。おそらく家庭用のウィデオ・カメラで撮られたであろう画質も音質も、これ以上ないぐらい汚く、品がない。しかし驚くべきは、ヴィデオもCDもライヴも全然音質が変わらないことだ。歪んで歪んで歪みまくって、でも雑音になる寸前で踏みとどまり、かろうじて音楽として聞こえる、その絶妙なるバランス。これは逆の意味で大変なことである。メディアによるギャップがまったくないんだから。

 ここにはインディーズ・バンドとしての、ロックンロ-ル・バンドとしての、パンク・バンドとしての矜持がある。ハナから大勢に組み込まれるつもりはない。好きなことを好きなようにやりまくる。クソ暑かろうがなんだろうが革ジャンと革パンツは欠かさない。委細構わず、とにかくデカい音で圧倒して圧倒して圧倒しまくる。これでダメだとかガマンできないとか言うなら、そのときは仕方ない。ワタシとアナタでは生きていく場所が異なるのである。

 フランシスコ・ウルフなるガイジンが何者なのか知らないが、がさつな粗暴さでギター・ウルフと双璧である。汗だくになって湿度の高い部屋に閉じこもって見ていると、すっかり気分は下北沢シェルターだ。

|

« Boredoms | Main | レピッシュ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギターウルフ:

« Boredoms | Main | レピッシュ »