« ■Cornerious "from Nakameguro to Everywhere" Tour リポート Part 2 | Main

03/10/2007

■Cornerious "from Nakameguro to Everywhere" Tour Part 3

2002年フジロック出演時のパンフレット用原稿。

 現在世界最高のライヴ・パフォーマーは、コーネリアスである。素晴らしい歌や演奏を聴かせるアーティストはたくさんいるだろう。大がかりな仕掛けでスペクタキュラーなショウを展開する人たちだって少なくない。だが音楽、映像、音響、照明などすべてを統合したトータル・ポップ・アートとしてのライヴ・パフォーマンスという点で、コーネリアス以上の存在はいない。

 昨年発表されたアルバム『POINT』も素晴らしい傑作だった。だが、その後におこなわれた『from nakameguro to everywhere』ツアーを目の当たりにしたときの感動は、言葉に尽くせないほどの至福の「体験」だったのである。

 新鮮な驚きに満ちたオープニングから、ゆったりとした幸福感に満ちたエンディングまで、まるでメビウスの環のように最初にいたところに戻っていく円環構造となった構成。音と映像のシンクロ。迷路のように入り組んだアレンジを完璧に再現したバンドの演奏力。新鮮な遊び心に満ちた映像のクオリティ。それらすべてがとてつもなく高い水準にありながら、堅苦しさは微塵もなく、極上のエンタテインメントとして結実していたのだ。

 現在長いワールド・ツアー中の彼ら。一時帰国してのフジ参戦は、当然ながら単独公演とは趣を変えてのものとなるはずだが、あのサウンド・ヴィジュアル世界が苗場の自然と一体化することでどんな新しい体験が待っているのか。フジ3日目にして最大のクライマックス。絶対に見逃せない。

|

« ■Cornerious "from Nakameguro to Everywhere" Tour リポート Part 2 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/14213137

Listed below are links to weblogs that reference ■Cornerious "from Nakameguro to Everywhere" Tour Part 3:

« ■Cornerious "from Nakameguro to Everywhere" Tour リポート Part 2 | Main