« ■KING CRIMSON | トップページ | ■豚丼の味 »

2004.02.19

■記事がいっぱい

 「UK New Wave Renaissance 2004」関係の記事がポツポツ出てきた。

 まずはストリート・ファッション誌の『Ollie』誌3月号。80ページに記事が掲載されている。執筆は編集部の方。クラムボンのミト、EYE、中原昌也の、それぞれのおすすめニュー・ウエイヴ・アルバムもコメントとともに掲載されている。

 音楽情報サイト「Listen Japan」でもトリビュート盤中心の特集を組んでいる。テキストの執筆はぼく。

 「What's In」3月号のトリビュート盤特集にも、ちいさなカコミ記事が掲載されています。ぼくのコメントも掲載されている。70ページ。

 「CDジャーナル」3月号で、2ページのニュー・ウエイヴ小特集と、『Fine Time』のレコ評。筆者はそろぞれ佐藤英輔さんと、小暮秀夫さん。前者には佐藤さん選出のニュー・ウエイヴ名盤10枚が掲載されている。そのなかのスクリッティ・ポリッティ『ソングス・トゥ・リメンバー』は「廃盤」とあるけど、3月24日に、今回の企画で再発されます。念のため。

 それからミュージック・マガジン3月号にも。企画全体に関する紹介記事は小山守さん、「ピックアップ」欄のトリビュート盤のレビューは松山晋也さん、「アルバムレビュー」欄のレビューは岡村詩野さん。先日紹介したレコード・コレクターズの紹介記事は吉村栄一さん。みなさん、企画の趣旨をきちんとくみとって、それぞれの視点でいい記事を書いていただいたと思う。ありがとうございました。また企画と直接の関係はないが、ぼくの執筆によるアインシュトゥルツェンデ・ノイバウテンのインタビュー記事なども載っている。相手はもちろんブリクサ・バーゲルト。今回彼の取材記事はほかに一誌しかないようなので、けっこう貴重な記事かもしれない。


 ほかにもあるかもしれないが、ぼくが確認したのはこれぐらい。また発見したらお知らせします。

|

« ■KING CRIMSON | トップページ | ■豚丼の味 »

コメント

真ん中の枠内「yahoo!ショッピング」内に画像が出ていました。クリックして確認しなかったので、日本人のNewwaveトリビュートだったかもしれないのですが、確か、下に黒文字が入っていたので、UKの方だったと思います。

投稿: hello nico | 2004.02.20 00:49

え? 「UK New Wave Renaissance 2004」の記事がですか? ヤフーのトップって、http://www.yahoo.co.jp/ですか?
へえ……そんなことあるんですね。

投稿: 小野島 | 2004.02.19 22:05

お昼くらいだったでしょうか、YAHOOのトップページに表示されていました。

投稿: hello nico | 2004.02.19 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/212351

この記事へのトラックバック一覧です: ■記事がいっぱい:

« ■KING CRIMSON | トップページ | ■豚丼の味 »