« ■Rush in Rio | トップページ | ■鳥井賀句 »

2004.02.05

■石井竜也

 今日は赤坂のTBSで、ラジオの収録があった。『石井竜也の舞台裏物語』という番組で、もちろんホストは元・米米クラブの人である。

 毎週ちがったゲストを呼び、さまざまなエンタイテインメントの舞台裏を紹介するという番組で、この日のテーマはもうすぐ来日するディヴィッド・ボウイ。ボウイに詳しい音楽評論家ということで呼ばれ、あれこれ喋ってきたのだが、番組の最後のほうで「何かお知らせはありますか」とふられたので、ニュー・ウエイヴ・トリビュートのことを喋ったら石井氏いわく「オレに声かけてくれればいいのに! キューンからの発売じゃないですか! 石野卓球に声かけてなんでオレに声かけてくれないんですか!」。そんなこと言われても知らないよー(苦笑)。 なんでも若いころはバウハウスなどが好きだったらしく、そういう音楽にも造詣が深いらしいのだが、ふつう米米クラブの人に声はかけないよね。「第2弾のときは真っ先に声をかけてくださいね」と念を押されてしまい、「わかりました」と答えてはみたものの……はたして次はあるのか?(笑) 

 初対面の石井氏、さすがに一流のエンタテーナー、知識も豊富で人の気を逸らさぬ話しぶりだった。OAは2月29日(日)19時~19時半、TBSラジオで。

 それからもうすぐ出るスタジオボイス誌3月号の「中原昌也のための音楽ライター養成講座」という連載記事で、中原と対談(というか、ただのヨタ話)をしてます。ものすごく面白い会話だったけど、一部しか使われなくて残念。しょぼくれた写真も載ってます。

|

« ■Rush in Rio | トップページ | ■鳥井賀句 »

コメント

米米のキャブスカバー聞いてみたい・・・
是非第二弾を実現させてください!!

投稿: tag | 2004.02.18 17:54

Kayさん、はじめまして。

 へえ……そうなんですか。じゃ、卓球情報はガセじゃなかったんですね。そのころの音楽性ってどんな感じだったんですかね。まさかキャブスやTGみたいなことやってた人が、後年の米米みたいになるとも思えないですが。

投稿: 小野島 | 2004.02.08 22:21

米米はインディーズ時代(?)、オムニバスのカセットブックに「アヴァンギャルド音頭」という曲を発表しています。
確か出だしが「好きな音楽キャバレー・ヴォルテール、私の趣味は人とは違う。」だったかな?

投稿: kay | 2004.02.08 21:54

ニフティのココログのFAQを転載しておきます。
これで解決するかな?>文字化け

文字化けが発生する場合、お使いのウェブブラウザの文字セット(またはテキストエンコーディング)設定がウェブページで指定されているものをブラウザの標準文字セットに置き換える設定になっていないことをご確認ください。

ココログはUTF-8というテキストエンコーディングをすべてのページで使用します(別のエンコーディングを指定した場合を除く)。現在一般的に使われているほとんどのブラウザではUTF-8を検知して正しく表示することが可能ですし、ココログへの投稿も問題ないはずですが、もしウェブブラウザで使用するテキストエンコーディングを別のもの(Shift-JISなど)に限定している場合は、正しく表示することができません。

投稿: 小野島 | 2004.02.06 14:49

そうですか。ちょっとニフティに問い合わせてみます。

米米の件、かなり眉唾だなあ(笑)。でもニュー・ウエイヴ・トリビュートの話をしたときの石井氏の反応の鋭さをみると、ニュー・ウエイヴ好きだったのは間違いないみたいだね、
真相はどうなんですか>卓球君。見てねえか、こんなとこ(笑)。

投稿: 小野島 | 2004.02.06 14:27

コメント本文を書く欄がやはり文字化けしますね。投稿済みのものはちゃんとなってるのだけど。こちらがMacだからと思いますが。これはエディタで書いてコピペしてます。

米米ですが、引合いに出されている石野氏(米米と共演経験あり)から聞いた話だと思うんですが、もともと米米って、TGだったかキャブスだったか、そのあたりの影響を受けて結成されたバンドだとか…。

もちろん、俺がダマされている可能性も大ですが。

投稿: ヨシムラ | 2004.02.06 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/169001

この記事へのトラックバック一覧です: ■石井竜也:

« ■Rush in Rio | トップページ | ■鳥井賀句 »