« ■正気か? | トップページ | ■TOKYO-FM »

2004.03.15

■UNSANE / SOUL FLOWER UNION

 アンセイン@新宿ロフト:3月12日(金)

 前座は54/71と16(sixteen)。16ってどこのバンドだと思っていたら、ステージに出てきてようやく思い出した。もう10年ぐらいキャリアのあるLAのバンドで、レコードも持ってる。アンセインにくっついてツアーを回ってるみたいだが、かなり鈍重でナマクラな感じのヘヴィ・ロックで退屈。ちなみに54/71は途中から見たが、気取りが鼻について、好みではない。
 アンセインは96年の来日以来だが、かなり良かった。ひさびさにUSジャンク大爆発の巻だったが、この人たちの場合むかしニューヨークのCBGB'Sで見たライヴがとにかく強烈な印象で、クソ暑い真夏の夜、発狂したんじゃないかと思うようなすさまじい大音量で、モウロウとしながら「体験」した記憶が鮮烈なだけに、前回同様、今回も音量の小ささには少なからず不満を持ってしまった。ほかにもっと大きな音を出しているバンドはいるし、あれがロフトで出せる音量の限界ってことはないはずで、そのへんがやや不可解というか残念。あと、ステージ上のメンバーがえらく楽しげにじゃれあっていたのも印象的で、以前はあんなステージ態度ではなかった気がするのだが……。
 会場はまずまずの入りだったが、スーツ姿のサラリーマンや、明らかにOL風の女子などもいて微笑ましい。社会人になっても忘れないジャンク魂。けっこうなことです。
 ちなみにライナーはなんとかライヴ前に仕上がりました。

 ソウル・フラワー・ユニオン@渋谷O-West:3月13日(土)

 なくなる前のリキッド・ルームで見て以来だから、1年か2年ぶりぐらい。さすがにこの会場では狭すぎで、2Fまで超満員。70人ぐらいが入れなかったらしい。2デイズの2日目で、ほぼ新曲ばかりだったという初日に対して、ニューエスト時代からの古い曲が中心。このバンドの熱狂的なファンとは言えないぼくでも知ってるような曲ばかりで、否応なくのせられる。リズム隊が若い二人に変わり、演奏がしっかりしてきた。客の反応もよく、楽しいライヴだった。コーラスのふたりの女性がじつに可愛く、ヴィジュアル的に華を添えていて、目の保養になった。伊丹英子がいないので、この二人がいないと、むさーいオトコばかりになってしまうもんなあ……てなことを友人に話したら、打ち上げの席で友人が中川敬に喋ってしまい、怒られる(苦笑)。久々にじっくり話した中川は終始機嫌よく、楽しげだった。ミュージシャンという人種は、意外にライターの書いたものを覚えているのだなと知る。挨拶だけで早々に帰る予定だったが結局朝までつきあってしまう。

|

« ■正気か? | トップページ | ■TOKYO-FM »

コメント

 ややこしそうにみえるけど、原理が理解できれば簡単ですよ。なにより更新がラクだし>blog

 文字化け問題、回避法を見つけたので参照してみてください。

投稿: 小野島 | 2004.03.18 14:40

次が楽しみ、ということは次も来る! と思って
ヨイですね(笑)!
 ところでblogなかなか面白いですね。
私もやってみようかと思い今あれこれやってますが
よくわかりません。うーん。
 またうちはMACですが、書き込みすると
文字化けするんですけど。なんで?(ペーストで張ってます)
かぜおだいじに。

投稿: iwasaki | 2004.03.18 14:04

 中川はちょっと丸くなったような気がします。楽しい夜でした。彼らのライヴで、次が楽しみと思ったのは初めてかもしれない。

投稿: 小野島 | 2004.03.17 03:27

すいませんねおしゃべりで(笑)。
数年前どころか、十年以上前のインタビューや
記事の内容をちゃんと中川が覚えているのに感動しました。
でもそれはやっぱり相手が小野島さんだからなんだろうなあ。
次は6月のモノノケサミット@下北沢 が楽しみです。

投稿: iwasaki | 2004.03.16 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/303717

この記事へのトラックバック一覧です: ■UNSANE / SOUL FLOWER UNION:

« ■正気か? | トップページ | ■TOKYO-FM »