« ■最近の仕事(ライナー編) | トップページ | ■輸入盤CD規制問題(3) »

2004.04.12

■輸入盤CD規制問題(2)

 さて、例の問題である。もちろんこんな規制、何があろうと絶対容認できるものではない。ましてぼくは「NEWSWAVE」というマニアックな輸入盤専門のミニコミあがりの人間である。この規制の問題点については、この記事からリンクしている各サイトをみれば、ほぼ100%理解できる。まともな感覚をもった音楽ファンなら、たとえ洋楽に関心がなくても、これがどんなに馬鹿げた暴挙であるかわかるはず。

 藤川さんとのメールのやりとりで、先の記事に書いた、法案成立に向けロビー活動を積極的に展開している「某レコード会社の某氏」が判明した。音楽業界ではかなり有名な方で、名前だけは知っているが個人的にはまったく面識がない。個人的な会話の中、「ここだけの話」ということで出てきた名前なので信義上ここで実名を晒すわけにはいかないが、ヒントを挙げれば、外資系ではないが、かなり大手のレコード会社のトップにいる人だ。ぼく個人は仕事上も人脈上も、ほとんど縁がない会社である。この人のインタヴューが某サイトに載っているのだが、それを読むと、商売上の嗅覚は鋭いのかもしれないが音楽に対する愛情も、レコード会社の文化事業としての側面に対する理解もまったく欠如した、お金儲けしか興味のない人物であることがよくわかる。しかし、たとえ金儲けを第一に考えねばならない経営トップでも、ちゃんと音楽の現場を見ている人なら、まともなバランス感覚があるなら、この法案が良心的な音楽ファンにどれだけの反発と不信感を呼ぶか、ポピュラー音楽の状況をどれだけ荒廃させるか、わからないはずがない。世界中のさまざまな音楽をこれだけ気軽に手に入れることのできるのは日本だけだと言われるが、そういう状況が根底から破壊される可能性があるのだ。そんなことも理解できない人物に日本の音楽状況をめちゃくちゃにする権利などどこにもない。いっそ実名晒しちゃいましょうよ、藤川さん。

 それからもうひとつ。レコード業界の流通に詳しい人なら誰でも知っていることだが、大手のレコード会社の輸入盤セクションは各大型チェーン店に対して、自社が日本盤発売しているCDの輸入盤を大量に、しかもきわめて安い価格で卸していて、おまけに国内盤同様、売れ残った商品の返品や交換を一定の範囲内で許していたりする。つまり大型店はデッドストックになる危険をある程度回避できるから、ただでさえ安い輸入盤を大量仕入れでさらに安く買い、安く売れるわけだ。いわば、国内盤よりはるかに安い輸入盤が大量に出回っている事態を自分で作っているのは、日本のレコード会社でもあるわけである。そんなレコード業界が、こんな理不尽な法案を通そうとしているのは、おそらく輸入盤より国内盤のほうが利益幅が大きいからだろう。
 ちなみに自ら輸入盤の卸業務の会社や通販レコード店をやっているライターの石川真一さんによれば、多くの米国盤を最安値で売るアマゾンはレコード会社輸入部からあまり輸入盤を仕入れていないらしい。ついでに言えば、アマゾンは国内盤も、確か星光堂という卸の最大手から商品を仕入れており、メーカーとは直の取引がないはず(もしかしたら一部あるかも)。つまり日本のレコード会社とあまり直接の縁がなく、しかも輸入盤部を通じての利益ももたらさないのに安売りを続けるアマゾンはいわば目の上のタンコブなのだ。意図したかどうかは別としても、法案は結果的にアマゾン叩きにもなっているのかもしれない。

 現在洋楽の日本盤CDは、安価な輸入盤に対抗するため、少しでも価格をさげ、日本先行で発売したり、日本独自のボーナス・トラックを追加したり、ライナーや対訳を充実させたりと言った努力をしている。そのままでは日本人にはなかなかわかりにくいような洋楽の魅力がきちんと日本で理解されるよう、雑誌やメディアに働きかけるなどさまざまに努力をしている洋楽担当者も多いだろう。だが今回の法案が可決され、洋楽輸入盤にも規制が適用されるということになると、ただでさえ再販価格維持制度で守られている日本のレコード業界はさらに無競争の状態に置かれることになって、そうした努力をしなくなる可能性がある。まさか急に値上げするような露骨な真似はしないと信じたいが、ボートラもライナーも対訳も要らないと思っている輸入盤購入者だけでなく、国内盤があれば多少の価格差があってもできるだけ国内盤を買うようにしているぼくのようなユーザーにも、今回の規制はきわめて大きな影響を及ぼす可能性がある。ライナーがなくなったら、仕事上でも困るしね、なんて(笑)。

 ただ、今回の件に関しては、肝心のレコード会社側からの公式なコメントがないようだ。また輸入盤の取り扱い額の大きい大型レコード店の反応もよくわからない。大手メディアもこの問題には関心が薄く(音楽業界人及び音楽ファンが多く読んでいる朝日新聞は、この問題を手遅れになる前にいちはやく取り上げるべきと、声を大にして言っておく。あの読売でさえすでにやっているのだ)、法案がどういう状況に置かれているのか、実際に法案が成立しても、各社が、多くの洋楽ファンや大得意先である大型レコード店を敵に回してまでもそれを適用して自社ライセンスの輸入盤を規制するような措置を実際にとるのかどうか(もちろん一旦法案が成立してしまえば、あとは状況の変化に応じてなし崩し的に拡大解釈されていくのが通例だから、当面は適用する気がなくても油断できないが)、不透明な部分が多すぎる。情報が少なすぎるのだ。ネットをやる若い洋楽ファンなら多くがこの問題を知っているかもしれないが、世論を作るのは、そういう人たちではないだろうし、情報の飢餓状態にある状況は、いずれにしろ良くない。そのためにも、できるだけいろいろな人にこの問題について触れてもらいたいものだ。

 この件に関してネット上で意見を表明している音楽業界人:
 藤川毅 
 北中正和
 土佐有明
 森砂里詩 
 萩原健太
 音楽業界人ではないが……
 山形浩生

 掲示板等での発言を除きます。ほかにもいらっしゃるようなら、ご一報ください。

|

« ■最近の仕事(ライナー編) | トップページ | ■輸入盤CD規制問題(3) »

コメント

今頃になって大変な問題になっているのを知りました。
目先の(レコード会社)問題だけ解決しようとして、その先の消費者の事を何も考えてないのでは?結局お金を払うのは私たちなのに、その声を無視するのが果たして良い結果を生むとでも思っているのでしょうか?このままだと、何にでも規制をかけられて「鎖国」状態になってしまいそう・・。お偉いさんにも音楽を聴いて楽しむ事があるでしょう。自分の聞きたい音楽を自分で選べる自由を圧力によって奪ってしまうつもりなのでしょうか。

投稿: ぼの | 2004.06.02 08:42

とりあえず、文化庁かどこかに爆弾でも仕掛けに逝ってやろうか(w

投稿: 名無し | 2004.05.13 23:08

非常に馬鹿げた問題です。可決されれば洋楽を愛する消費者皆を敵に回すようなもんだって何で気付かないんでしょうか?

投稿: ケンキチ | 2004.04.16 22:58

はじめまして、ご意見読ませていただきました。
この問題は小野島さんが仰るとおり「大型レコード店を敵に回して」
といった構図もありますが、CCCDで生じたファンとの溝がさらに
深まったといった側面があるでしょう。この改正案によって、その
溝は決定的なものになると考えます。

投稿: うのたん | 2004.04.12 12:27

 小川真一さんは「音楽を殺すのは誰?」という
タイトルで特設掲示板を開設されてます。
http://6709.teacup.com/whos_kill/bbs

投稿: halation | 2004.04.12 11:57

初めて書き込みさせて頂きます。
輸入盤規制に対してはラッパーのECDさんが反対を表明してます。
上のアドレスがそのときの発言の記録で、下がECDさんのBBSです(今荒れてしまっていますが)。
http://blog.melma.com/00089025/20040216210527
http://6627.teacup.com/ecdbbs/bbs

投稿: 匿名希望 | 2004.04.12 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/428017

この記事へのトラックバック一覧です: ■輸入盤CD規制問題(2):

» CD輸入禁止法案推進のレコード会社 [MAL Antenna]
newswave on line (personal edition)という、音 [続きを読む]

受信: 2004.04.12 10:50

» 新しい1週間 雑感・輸入盤問題など [Dubbrock's Dublog]
 昨日の日曜日は、昼過ぎからセミナーがあって出席したり、ウォーターフロントのフリマを覗いたり。死者10名を出した鹿児島市の花火工場の事故で友人が亡くなって1年。... [続きを読む]

受信: 2004.04.12 14:42

» [music]輸入盤CD規制問題 [matarillo]
小野島大さんのBlogに『法案成立に向けロビー活動を積極的に展開している「某レコード会社の某氏」』の存在について書いてある。それを読んで、レコード会社の社長のイ... [続きを読む]

受信: 2004.04.12 17:57

» 空手形を信用するなかれ []
 先週、川内議員と一緒に文化庁の吉川著作権課長を小一時間(三時間超?)問い詰めた小倉秀夫弁護士が「著作権改正法案の修正のお願い」と題する文書を公表している。この... [続きを読む]

受信: 2004.04.12 18:46

» 小野島大氏が輸入権について語る [Sawney Bean's Cave]
■輸入盤CD規制問題(2) 昨日の萩原健太氏に続いて音楽評論家の小野島大氏が輸入権について語っています。今回の騒動の背景や問題点を分かりやすく論理的に書いてい... [続きを読む]

受信: 2004.04.12 23:39

» ヘンです輸入権 [Loaded]
と言っていいと思います。大きな声で。浅はかな知識で、しかも入ってきた情報が断片的なままで意見を言うのはなんなのですが(勉強しなさい自分!)、連日の輸入権に関する... [続きを読む]

受信: 2004.04.13 21:27

» 輸入盤CD規制問題(2) [workshop PCエンジンおしゃれ計画]
http://onojima.txt-nifty.com/diary/2004/04/post_7.html from 小野島大さんの newswave on line   http://off.2c ... [続きを読む]

受信: 2004.04.14 01:56

» 相変わらず必読です [maak::information]
佐野元春の「in motion 2003 - 増幅」、GO4レーベルから自主発売へ 数多くの音楽評論家、ライターが輸入権問題に対して反対の声を上げ始めた (共に... [続きを読む]

受信: 2004.04.14 23:11

» 多くの音楽関係者や著名人が輸入権に疑問を表明 [OTO-NETA]
いろんな方々が、輸入権の導入に異論を唱えております 輸入盤CD規制問題(1,2,3)(小野島 大氏のnewswave on line)← 音楽配信メモ リンク... [続きを読む]

受信: 2004.04.15 00:47

» [web][CD輸入権] [空腹海岸海の家 実行準備委員会(アジト)]
>> それからもうひとつ。レコード業界の流通に詳しい人なら誰でも知っていることだが、大手のレコード会社の輸入盤セクションは各大型チェーン店に対して... [続きを読む]

受信: 2004.04.15 10:47

» 輸入盤CD規制問題 [green page]
この法案はまじでヤバいと思う。安い輸入盤CDが買えなくなるのも最悪だけど、自分の聞きたいモノまで聞けなくなるなんて、話になりませんよ。 吐き気をもよおす「悪」... [続きを読む]

受信: 2004.04.19 02:10

» 輸入盤CDがなくなる?! [TKFM 80.0GHz Radio]
・輸入盤CDがなくなる?! 脅威だ... こんな勝手な法案はないだろう! NTTは叩いても,エイベックスの保護をするつもりか? 一体何を考えているのか?音楽業界... [続きを読む]

受信: 2004.04.21 21:48

» 輸入盤CD規制は断固反対だ!! [K-hiroki's CLIPPINGS]
いったい国はどういう神経してるんだ? だいたいなあ、「コピーコントロールCD」なんざ売ってること自体、 頭にくるっていうのによお! 何が何でも、俺は輸入盤CD規... [続きを読む]

受信: 2004.05.13 23:06

» 輸入盤CD規制は断固反対だ!! [K-hiroki's CLIPPINGS]
いったい国はどういう神経してるんだ? だいたいなあ、「コピーコントロールCD」なんざ売ってること自体、 頭にくるっていうのによお! 何が何でも、俺は輸入盤CD規... [続きを読む]

受信: 2004.05.13 23:07

» 音楽の自由を奪うな!! [TAKECALIZO]
本気で可決させる気なのだろうか? レコード会社は私達が外国アーティストのCCCDを買うとでも思ってるのだろうか? CDは多くの方がご存知のように多くのも... [続きを読む]

受信: 2004.05.20 12:28

» あえて「Amazonガンガレ!」と言う [in between days]
「輸入音楽CDに関するAmazon.co.jpからの重要なお知らせ」(→Amazon.co.jp and you're done.)は、言うまでも無く、Amaz... [続きを読む]

受信: 2004.05.24 01:31

« ■最近の仕事(ライナー編) | トップページ | ■輸入盤CD規制問題(3) »