« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.30

■Todd Rundgren @ 渋谷AX

todd.JPG

朝日新聞でライヴ評書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

■John Peel R.I.P.

_39596083_peel_bbc_story203.jpg

http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/tv_and_radio/3955289.stm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■ハルモニア@多作(渋谷)

 以前紹介したこともある湘南を拠点に活動する女性ヴォーカルと生ギターを弾く男性のデュオ。レコードは聴いていたが、ライヴは初めて見た。編成から想像がつくように、さかなとかポート・オブ・ノーツに近い線だが、もっと素朴でオーガニックで温かみがある。自然志向というか、日向の縁側で聴くような音楽である。なかなか力量のある人たちで、それはレコードよりもライヴでよくわかった。ギターの腕前は確かだし、ヴォーカルは吉田美奈子ばりの迫力。知名度はまだまだだし、ちょっと歌詞がありきたりな感じだけど、このまま順調に伸びていけば、けっこういけるんじゃないだろうか。公式サイト

 ヴォーカルの石井モモコは実際に話すと、愛嬌のあるいかにも若い女の子なのに、ライヴになると低いキーと迫力のあるシャウトもあって、ぐっとオトナっぽい感じになるのが面白い。ちなみにこないだの「bring the noise」にも遊びにきてくれて、写真に写っていたりする。

 多作というのは初めて行った(知った)けど、フランス料理屋の地下にあるこじんまりとしたスペース。ライヴハウスというよりはステージのある小部屋という感じで、どうやらアコースティックな音楽専門のようだ。珍しく全席禁煙で、そのせいか若い女性客がやたら多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.10.19

■レコミュニ

 どうやら本日、正式オープンしたみたいです。 http://recommuni.jp/home/

 当初の予定より1週間も遅れたことからもわかるように、直前になってデザインが大幅に変わったりして、かなりスタッフの方はご苦労されたようだ。

 テスターとしてしばらく参加していたんだけど、率直に言ってユーザー・インターフェイスなど、まだまだ使い勝手がよくないと思うし、現状で権利許諾がおりているレーベルが少ないので(ぼくがアップした楽曲はまだ1曲も許諾がおりてないし、メジャーものもまだ一社も下りてない)、単なる配信サービスを期待すると、ちょっとあてが外れると思う。

 だがこれはitmsみたいに、完成されたシステムによるプロフェッショナルな配信を、ただ受け身で享受するだけのものではなく、参加ユーザー全員が発信者にもなって、いわば全員で力をあわせて完成させていくものだと、ぼくは考えている。

 現状ではまだまだ完成度は低いけど、みんなで知恵を出し合ってより良いものに育てていけばいいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■マーク・アーモンドが重体!

交通事故に遭ったらしい。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3751996.stm

 冗談じゃねえぞ! これ以上フェイバリット・ミュージシャンに死なれてたまるか!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.10.18

■bring the noise!

 そして先週金曜は「bring the noise!」。7月に続きまたもDJ14人態勢で臨んだんですが、お祭りさわぎで楽しかったですよ。「ベタなロックで盛り上がる」というコンセプトなんですが、人によってロックの定義やイメージが異なるのが興味深かったですね。写真はこちら

 次は12月22日(祝前日)に開催予定。乞うご期待!

写真はこちらにも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ボロフェスタ

 またまた更新が遅れてしまいました。

 さて、10日~11日はボロフェスタ@京大西部講堂。ほんとうは9日から行きたかったが、宿が確保できず、おまけに台風で新幹線が止まってしまい断念。翌日早起きして向かった。
 西部講堂はずいぶん前に1回行ったきりで、記憶が曖昧だったが、その60年代なたたずまいは全然変わらない感じ。それに以前来たときはもっと広い印象があったが、意外とこじんまりしている。フェスのほうもそれに見合った手作りの良さが光る素朴な味わい。いい意味でアマチュア的で、音楽好きの市井の若者たちが等身大で作り上げた<学園祭>という印象だった。楽しかったです。

 10日に印象に残ったのがリミテッド・エキスプレスとルナ。リミエキは『Fine Time』収録のリップ・リグ&パニック「ビート・ザ・ビースト」のカヴァーを披露してくれて大感激だった。なんでもいままでライヴでは一回もやっていなかったそうだ。ゆかりちゃんはヴォーカルに専念、この曲だけゲストのベーシストが弾いていた。ベース弾きながら歌うのはかなりむずかしい曲らしく、そんな面倒な曲をあえてやってくれたのは、東京から駆けつけたぼくに対する気配り?もちろんちがうと思うが、監修者としてはうれしいかぎり。あのアルバムの曲をナマでやってくれた(のをナマで聴いた)のは、彼らが初めてなんですよね。

 ルナはこれが解散ツアーということで、感慨もひとしお。演奏はまさにルナの世界だった。新作も見事に王道ルナで、もうやりたいことをやり尽くしての解散というのが実感できた。モーサムはいつも通りテンションが高い。ライヴ・エンジニアがtag rag前川氏ということで、パンク・ヴァージョンで押しまくったらしい。

 この日は主催でもあるリミエキの飯田君の自宅に泊まらせてもらう予定だったのだが(インディ・バンドのツアーみたいなもんですな)、会場で知り合った同志社の学生N君のアパートに急遽泊めてもらうことに。N君ありがとう。

 11日はぼくと高橋健太郎さんのトーク・セッション。昨日泊めてくれたN君が司会をやってくれた。全体のスケジュールが押し気味だったので、セッションの時間も予定より遅くなってしまったが、お客さんはみな熱心に聞いてくれた。感謝。

 この日も印象的なアクトはいくつもあったが、ヤバイぐらい可愛いニーハオ!、久々に見たがすっかり貫禄が増したズボンズはとくに素晴らしかった。しかしなんといっても遠藤賢司! ほんとはこの日のうちに東京に帰りたかったので、エンケンさんのライヴの途中で失礼するつもりだったんだけど、結局最後まで見てしまった。勇気と元気とエネルギーを目一杯もらいました。最高。

 終演後、著作権問題のドキュメンタリー映画を製作しているという学生さんの取材に応じたあと打ち上げに。当然新幹線はなく、宿も確保していない。そこでN君、東京からたまたま実家に戻っていたTさん、Tさんのお友だちの女性の4人で、N君おすすめの地元ロック・バー「ギャラクシー500」で朝まで飲みあかし、朝一番の新幹線で帰京した。Tさん、つきあってもらってありがとう。しかし始発の新幹線があんなに混んでいるとは………席を確保できず結局通路に座り込んでいたのだが、スーツ姿のビジネスマンばかりのなか、小汚いTシャツとGパン、酒臭い息で、かなり恥ずかしかったです。京都でお世話になったN君、Aさん、ありがとう。ネット仲間の38Kさん、にゃあさん、kazu-oneさん、帰りに飲めなくて残念でした。次こそはぜひ。そしてわざわざ東京から来てくれたのにロクに話もできなかったヤツザキさん、ありがとう&ごめん。そしてリミエキ飯田くんをはじめ、主催者・スタッフのみなさま、おつかれさまでした。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.10.15

■ニュー・ウエイヴ・トリビュート、ラインナップ一部発表!

 『Fine Time 2 ~ A Tribute to Ne Wave (仮)』のラインナップが一部発表になってます。

http://www.universal-music.co.jp/newwave/

【参加アーティスト】

大友良英ニュー・ジャズ・アンサンブル feautuling カヒミ・カリイ

コーネリアス

渋さ知らズ・オーケストラ

スパルタローカルズ

ソウル・フラワー・ユニオン

downy

横山健

ゆらゆら帝国

RECK (from FRICTION)

レベル・ファミリア

WRENCH

(五十音順)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.14

■10/15 bring the noise!

時間割決定しました。今週金曜です。「ベタなロックで盛り上がる」気軽なパーティーです。お待ちしてます!

0410.jpg

◎10月15日(金)Bring the Noise! vol.6
22:00~05:00
@DUNE(三軒茶屋)

続きを読む "■10/15 bring the noise! "

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.10.09

■Laughin' Nose @ 日比谷野音

http://laughin.net/please.html

 あの事故から17年。ラフィンが再び野音でやるそうだ。

 あの時代を知る者としては、やっぱり行かなきゃならないでしょう。

 ということで10月30日(土)に会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.06

■「Downward Spiral Deluxe Edtion」

こっちもキタ━━━( ゚∀゚ )━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━( ゚∀゚ )━━━!!!!

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=7507

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■WIRE BOX

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

wire.JPG

ここで購入。79年2月にドイツのテレビ番組に出たときのライヴDVDと、同音源のリマスターCD。リージョン・フリー。ちゃんとウチのDVDプレイヤーで確認済。
 
 はやく仕事終えてちゃんと見たいです………

<追記>新宿のディスクユニオンでも売ってるみたいです。販売価格未確認。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

■ダメだ!

 忙しすぎて死にそう。朝霧行かなかったので単独は見る予定だったモグワイの公演日(今日だよ今日!)にうっかり取材入れちゃうし………ということで、更新はまだ先。スマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »