« ■bring the noise!!! vol.6 | トップページ | ■本年度最大の衝撃 »

2004.12.25

■「ニュー・ウエイヴへの招待」

 20日の日記でもお伝えしたNHK-FMの特別番組。本日、全5回の収録を終わりました。去年も同様に、ニュー・ウエイヴ・トリビュート参加アーティストをお招きしてニュー・ウエイヴの魅力を探る番組をやったんですが、そのときとちがうのは、ゲスト・アーティストの5組中4組が、来年発売の『Fine Time 2(仮)~A Tribute to New Wave』の音源を持ってきてくれたこと。誰が何をカヴァーしたかは放送をお聞きになってのお楽しみですが、原曲との聞き比べなど、聞き応え十分なものになっているはずです。

 なかでも注目は、金曜日(31日)放送のレックさんの回。なんとレックさん秘蔵の未発表ライヴ音源を2曲収録しました。レックさん、ヒゲさんのおふたりが、フリクション結成前にニューヨークに渡り、NO WAVEムーヴメント黎明期のシーンの現場で活躍されたことはご存知の方も多いと思いますが、なんとそのときのライヴです。1曲はジェイムス・チャンスのコントーションズの77年12月ライヴ@マクシズ・カンザス・シティ(NY)。ベースはレックさん、ドラムスはヒゲさんというラインナップ。もう1曲はリディア・ランチのティーネイジ・ジーザス&ジャークスの77年12月ライヴ@マクシズ・カンザス・シティで、ベースはレックさん。どちらも、「NO NEW YORK」の制作前の貴重な録音です。
 そして特別にフリクション幻の名作ライヴ盤『.ed '79 Live』のニュー・ヴァージョンも放送します。80年にオフィシャル・ブートレグ10インチで発売されたものの長い間廃盤だった京都・磔磔でのライヴの、より録音の良いニュー・マスターによる再発盤で、この4月にフリクションの全カタログとともにリマスターのうえリイシューされますが、その音源の一部を本邦初公開。個人的にフリクションの最高傑作はこのライヴ盤と確信していますが、10インチ盤よりはるかに向上した音質に大興奮です。そして約10年ぶりのレックさんの新録音も、オン・エアされます。フリクション名義ではなくレックさんのソロですが、これも期待にたがわぬすごい仕上がりになってます!

 もちろんほかの4組のゲストのお話や選曲も興味津々の内容となっています。今週だけで5本分の収録があり、疲労のため、私の喋りはレックさんにからかわれたほどヘロヘロのヨレヨレでお聞き苦しい点もあるかとは思いますが、音源の質やレア度、お話の内容の面白さで、じゅうぶんカヴァーできていると自負しています。

 『Fine Time 2(仮)~A Tribute to New Wave』は、当初の2月発売の予定から諸事情あって4月に延期になってしまいましたが、お待たせするだけの内容になっていると確信しています。ご期待ください!

「ニュー・ウエイヴへの招待」NHK-FM 各18時~18時50分  構成・司会 小野島 大

12月27日(月)中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
12月28日(火)WRENCH(SHIGE、松田知大)
12月29日(水)大友良英
12月30日(木)スパルタ・ローカルズ(安部コウセイ、伊東真一)
12月31日(金)RECK(FRICTION)

 また本日はこういうイベントで、DJやります。お時間あればぜひ。

モデルプランツ結成20周年記念
『電動のメリークリスマス since 1984 to 2004』
2004年12月25日(土) 池袋LIVE INN ROSA(03-5956-3463)
open/21:00 start/21:30  ※オールナイト 再入場可
前売り:\3000(Drink別)
当日:\3500(Drink別)
※入場者に限定特製クリスマスプレゼントあり!

出演:
モデルプランツ、メトロファルス、スカイフィッシャー、スーパーゲットゲットツー、ヤング100V、miami、かとうけんそう、山本直樹
DJ:
松前公高/ちんねん(ROMANTICS)/小野島大(音楽評論家)/矢野博康(exシンバルズ)
ゲスト:
江口寿史(トーク&DJ)
唄と司会:
リオ・ブラボー

 

|

« ■bring the noise!!! vol.6 | トップページ | ■本年度最大の衝撃 »

コメント

すっとHPは拝見させていただいてますが、初めて書き込ませていただきます。ラジオ番組楽しかったです。ラジオをワクワクした気持ちで聴くのは久しぶりでした。またこのような企画があると良いのですが。レギュラー化を望みます。とりあえずトリビュート盤とFrictionのリマスターが楽しみにしています。

投稿: silk | 2005.01.18 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/2373294

この記事へのトラックバック一覧です: ■「ニュー・ウエイヴへの招待」:

« ■bring the noise!!! vol.6 | トップページ | ■本年度最大の衝撃 »