« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.27

■ありがとうございました

426
 昨日の「Fine Time 2」リリースパーティーにおいでいただいたみなさん、ありがとうございました!

 そして出演者のみなさん、スタッフのみなさんも、おつかれさまでした&ありがとうございました!

 幸せな一夜。この仕事をやっていて、つくづく良かったと思いました。

 詳しいリポートは後日。もう一回、ほんとうにありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.25

■もろもろ混乱中

 先週木曜(21日)はLimited Express (has gone?)@渋谷O-NEST。前座は私の一押しマイアミ。ライヴを見るのは2度目ですが、取材の資料用でライヴを撮影したDVDを何度か見ていたので、そんな印象はまったくない。たぶん客の大半はまったく事前の予備知識を持ってなかったはずですが、そのキュート&ファニーな魅力に、みんなすっかり、とりこのようでした(ひいき目?)。ロウファイ・ラップなんて言い方をされてますが、本人たちは「エレクトロニク・ポップ」と言ってましたね。いずれにしろ最高に楽しいライヴでした。

 リミエキを見るのは去年のボロフェスタ以来。このバンドのライヴがいいのはわかっているので、自然とこちらの求める水準はかなり高くなんるんですが、この日は彼らのライヴを見はじめて初めて、ちょっと不満の残る内容だったかも。なんか、あえて非ポップでヘヴィでこむずかしい方向に向かっているような………ハードな中にもポップではじけた演奏が彼らの持ち味だと思うけど、その良さがあまり活かされてない気がしたのだ。このバンドはあまりアンダーグラウンドな方向には行ってほしくないし、ゆかりちゃんの笑顔が似合うバンドであってほしいと思うので、あまり凝りすぎ、ヘヴィすぎになってしまうのはちょっと疑問。演奏の内容そのものも、ちょっとちぐはぐで、気合いがカラ回りしていた感も。繰り返しますが、ぼくが彼らに求める水準はかなり高いです。
 終演後は打ち上げ出席、そして久々に小山守さんとサシで飲む。

 そして2時間ほど仮眠をとり、二日酔いのまま、翌日は自宅の引っ越しでした。引っ越し屋を頼むのがアホらしいような至近距離なので、LPやCD、本などはある程度事前に自分で運びこんでおいて、自分ひとりでは運べない大きなものを引っ越し屋に頼んだんですが、さすがに10数年引っ越しをやっておらず、その間たまりにたまりまくったガラクタ類の量はハンパではありません。CDは半分近く、本やビデオテープの大半は処分したものの、それでも気の遠くなるような量を台車に乗せて何度も旧居と新居を往復。そのため肉体的疲労はハンパではなく、なんと引っ越し準備前に比べて体重が6キロ減!引っ越しダイエット有効ですよみなさん!
 まさに床がまったく見えないほど各部屋にうずたかく積まれた段ボールを前にしばし呆然&疲労困憊。まずはAV関係やオーディオ関係、PC関係の結線をして、DVDを段ボールから出して棚に並べて、初日はオシマイ。翌日はCDを棚に並べる。もともとABC順に整理していたものをそのまま収納するだけですが、量がハンパでなく多いので、これでまたも疲労困憊。このころになると寝ても全然疲れがとれないばかりか、カラダが疲れすぎていてかえって安眠できないわけで、さすがにトシを痛感しました。

 土曜日は下に書いたイベント「Teenage of the year」に参加。なんというか、バカ丸出しなイベント。最低だけど最高。そんな内容でした。とても楽しかったです。無礼講のパーティーって、ああいうのをいうんでしょうね。とにかく客の盛り上がりはハンパない。たくさんいたDJはアニメかけたりJ-POPかけたり、かなり変化球が続いたので、ぼくはあえて直球で勝負。JOJO広重「生きている価値なし」で一気に客をふるいにかけようと思ったら、すでにアガリまくっている客は、サビのフレーズを広重さんとともに絶叫する始末。お前ら騒げればなんでもいいのか!(笑)スターリン、ラフィン、イヌ、ブランキー、モーサム、ミッシェルなど王道ばかりかけまくり、最後はなんとhideの「Rocket Dive」で幕。なんだかメチャクチャでしたが、盛り上がって良かった。

 そして翌日は友だち3人に来てもらい、引き続き引っ越し作業。結局梱包しきれず旧居に残っていたアナログの半分を梱包、運搬。すでに運び込み済のLPで棚は占領されており、この日運んだLPは、収納しきれないことが決まっています。今回、奮発してLP棚とCD棚を特注したんですが、これ以上作る余裕は資金的にもスペース的にもないので、収納できずにはみだしたLPは段ボール箱に入れたまま保管しておくか、処分するかしかありません。CDはわりとすんなり処分できるんですがLPはどうも抵抗があるので、できれば残しておきたいんですが………
 そして未整理だったCDをABC別に仕分けして棚に収納していくんですが、これがまた気の遠くなるような作業で、3~4人がかりで半分ほどを仕分けして時間切れ。夜は手伝いに来てくれた友人たちをねぎらって近所の焼き肉屋で爆食でした。

 そんなわけで今日は区役所に行って転居の手続きをしたり、生活用品を買ったり。仕事もたまっているので、そろそろ生活のペースを戻したいんですが、なかなかうまくいきません。

 そしてあした(26日火曜日)は「Fine Time 2」のリリース・パーティ@新宿ロフトです。レック×大友良英×中村達也という超レアなメンツでの唯一のライヴ。見逃せませんよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

■Teenager of the Year !

 以前DJさせてもらったイベントの3周年記念パーティーです。クラブイベントがどれも集客に苦労する中、コンスタントに3年も続いているのは、いかに楽しく気の置けないパーティーかということでしょう。ぼくも短い時間ですが回しますので、お時間あればぜひ。今週末です。

teenage of the year #19 "3rd Anniversary party ! "

2005/04/23(SAT)
OPEN/START 00:00
at 新宿MARZ

DJ, VJ, LIVE, SHOP,& SPECIAL PERFORMANCE

DJ:
小野島大(音楽評論家)/宍戸留美(歌手・声優) /タクヤ(ミュージックマシーン)/エロコエロオ(漫画家)/俺夜クルー /ver.α一同 /コンドウコヲジロウ(正道会館師範・デザイナー)/サガラノブヒコ(ライター)/飯田和敏(ゲーム作家)/マル(ホンダレディ)/佐藤譲(ライター)/ケンサク(キッチン)/吉岡たく(ミュージシャン)/大坪ケムタ(ライター)/坂井ノブ(紙のプロレス編集部)& more...

VJ:
広岡毅/久保田テツ

LIVE:
TOY all stars /半分人間 & SECRET LIVE

SHOP:
TOY official shop (Tシャツ・ステッカー)/似顔絵(エロコエロオ)/単行本(小野島大)/zepin(特撮メイク)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.10

■miami

 8日はわが心の一押しmiamiの取材をしてきました。ステージで見るのと若干印象は違っていて、カジヤアイのほうはもっと女の子っぽくて、コバヤシアイのほうはクールで大人っぽい。じっさいトシもコバヤシのほうが4つぐらい上らしいですが、なかなかいいコンビだと思いました。音楽的にはロウファイ・ヒップホップというか、簡易な打ち込みをバックに女子ふたりがキュートかつユニークな脱力ラップを聴かせるというもの。うまく文章でその面白さは伝えられないのが文筆業者として情けない限りですが、可愛くて、かつヘンなものが好きなら、これは絶対おすすめです。ライヴも頻繁にやっているので、機会があればぜひ一度体験することをおすすめします。東京だと、近々Limited Express(has gone?)とやりますね(4月21日@渋谷nest)。全然タイプのちがう2バンドの共演、リミエキゆかりちゃんとの頂上決戦が楽しみ。なおインタビューはこのフリーペーパーに掲載される予定。発行は5月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■近況

 春爛漫という感じで、お花見シーズン真っ盛りですね。昨日ぼくも下北沢の遊歩道でお花見に参加。外で酒を飲むと回りがはやいのはなぜでしょう。すっかり酔っぱらってしまいました。

 さて、しばらく更新をさぼっていたので近況など。

 まず、ついに花粉症デビューしてしまいました。目がしょぼしょぼしてかゆくてたまらず、くしゃみ、鼻水が止まらない。たまらず医者に行ったら、簡単に症状を聞いただけで「花粉ですね」と即断。薬をもらってきたんですが、飲むと眠くなってしまい、まったく使い物にならない。なのでせいぜい点眼薬と、市販の鼻炎の漢方薬を服用するぐらいで、結局医者に行く前とさして変わらない。知り合いの医療関係者によると、花粉症はせいぜい対症療法で症状をやわらげるぐらいしかできないので、医者に行ってもあまり意味がないとのこと。これだけ医学が発達しても花粉症のひとつも満足に治療できないのは理不尽さを感じます。この時期の日本人の生産効率は格段に落ちるはずだし、けっこう深刻な社会問題じゃないかという気がしますが………。

 それから、近々引っ越しをすることになって、現在仕事の合間を縫って準備中。新居は今の住まいより収納場所がかなり少なくなるので、LPやCD、ビデオ、本や雑誌類を半分近く処分しなければならないのですが、これがじつに厄介で、延々やってもまったく終わらない。今の住まいに引っ越して10年以上、まったく処分も整理もせず、ただため込むだけだったツケが確実に回ってきているかんじ。並行して、収納効率をあげるべく、CDをプラケースからソフトケースに詰め替える作業もやってるんですが、これもいつまでたっても終わらない。なんだか迷路に入り込んだような案配で、かえって作業前に較べて家の中は混乱している有様です。はやく作業が終えて、すっきりと新居での生活を始めたいんですが、はたして思惑通りいくかどうか、心配です。過去何回となく引っ越ししてきましたが、今回が一番きついです。花粉症とのダブルパンチで、すっかり疲労困憊してます。

 それから、音楽ライター養成講座、10月期が終了し、新たに4月期が始まりました。今回は新規受講者が多く、なんだかフレッシュな雰囲気。ぼくと同年代の男性から、まだ東京に出てきたばかりという少女まで、バラエティに富んだ顔ぶれで、なんだか楽しい半年間になりそうな予感です。まだ受講の申し込みは受け付けてますので、迷っている方も、ぜひどうぞ。

 『Fine Time2 』、おかげさまで好評です。『Fine Time 2』は、公式には何もアナウンスしてませんが、買った人だけがわかる某大御所アーティストによるシークレット・トラックも入っています。意外にみんな誰がやってるのかわからないみたいですが………。あと特筆したいのは公募音源の質の高さ。これにはみんな驚くようです。100近くエントリーされた音源には、知り合いの応募も少なからず混ざっていましたが、情実当選など入り込む余地がまったくないぐらいの高水準でした。サンプリング音源の問題や、カヴァー対象アーティストがほかのアーティストとかぶってしまった、あるいは全体のバランスを考えて押し込めなかったなど、音源の出来不出来とは別の次元で採用できなかったものもあり、公募音源だけで1枚、別にアルバムを作れないかというアイディアも出たほどでした。応募してくれた人たち、ほんとうにありがとう。26日にはリリース・パーティーもあります。
 
 『ロックがわかる超名盤100』も、好評です。ロック初心者むけの本ではありますが、ベテランの方にも「いい酒の肴になる」との評判。ある方からは「これは語らずにはいられない本です。小野島さんの語り口は独白ではなくお前はどう思うんだ?と問うてくるものなので、つい反応」という言葉をいただきました。みなさんもぜひ感想をお寄せください。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.04.02

■Billy R.I.P.

billy

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »