« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.28

■おっさんウィーク

can


 23日月曜は午後一番でエイドリアン・シャーウッド(48歳)の取材。10年以上前に一回取材して以来2度目。エネルギッシュでよく喋る。マーク・スチュワートは新作の録音を終えていて、いまエディット中だそう。はやければ秋ぐらいに出そうだ。

 同日夜はカエターノ・ヴェローゾ(63歳)のライヴ@東京芸術劇場。
1)最初のほう、とくに1曲目の歌い出し、音程がかなり危うくて、ハラハラした。暖気運転が必要なタイプなんだろうか。
2)生音を前提とした会場のせいか、反響音がきつくて辛かった。1階の前のほうなら気にならなかったんだろうけど………

 以上2点が唯一の瑕疵。客席とのコミュニケーションはかなりぎこちなかったけど、あれはぼくも含む観客が、一音たりとも聴きのがすまい、おろそかにすまいと息を呑んで見守るその緊張感ゆえだろう。あんな張りつめた雰囲気の会場でやるのは、御大もかなり戸惑ったのではないだろうか。「カム・アズ・ユー・アー」は、やっぱり歌わせたかったんだよね? 

 25日水曜はカエターノ・ヴェローゾ(63歳)のライヴ@東京国際フォーラム。23日のライヴの瑕疵=音響、客のマナー、序盤の音程の不安定さは完全に一掃されていた。つまり完璧なライヴ。おそらく、今年これ以上のライヴを見ることはないだろうから、今年のベスト・ライヴは決定。至福の2時間でした。オレも15年後にはカエターノのようになりたい(妄想)

 26日木曜は、なんと朝11時からカンのイルミン・シュミット(68歳)の取材。今度カンの旧譜のリマスター紙ジャケがPヴァインから発売されるので、プロモーションで来日しているのである。年齢も見た目もおっさんというよりはおじいさんだが、温厚な人で、これまたよく喋る。会話の内容も面白かった。それにしても午前中からの取材なんて、レイ・ディヴィス(キンクス)以来。年寄りは朝がはやいわ。 写真は「一番好きなアルバムにサインしてください」とお願いしたもの。「1枚は選べないよ。ジャケが白いから、これにしておこう」と言ってましたが。

 27日(金)はThe Back Horn@ZEPP東京。おっさんウィークの真っ最中、唯一の若手? 
 このバンドにはよく取材してるけど、ライヴに関してはいつも何かと重なっていて、見るのは1~2年ぶり?(野音も確かWIREかなんかと重なって見ていない)
 当然のことだけど、バンドとしての成長が著しく、眩しいほど。初期のころの、とくにヴォーカル山田のぎこちないパフォーマンスとは雲泥の差だったが、といってヘンに手慣れたものでもなく、彼ららしいパッショネイトでエモーショナルな激しさはまったく失われていない。スキルの向上は当然として、キャリアの積み重ねで失われるはずのある種のピュアネスを損なわず保持しつづけているのは、素晴らしいことだ。ぼくがこのバンドでもっとも興味深く思う人物は菅波gだけど、彼が「ここで演奏してるよりも、お前ら(観客)の顔見てるほうが好きかもしれない」という意味のことを言っていた。彼およびこのバンドのキャラクターがよく出た発言だと思う。
 とにかく終始全力疾走しているような力の入った演奏ぶりで、よく体力が続くものと感心する。観客の反応も熱狂的だ。ぼくがもう15歳ぐらい若ければ、もっとのめり込んで応援していたろうな。なぜかライヴの最中は「がんばれ元気」のことが思い出され、名場面を思い出しながら反芻してみたり。

 そして今日はこれから、中村達也(40歳)率いるロザリオスのライヴ@日比谷野音に行ってきます。30日(月)はピエール瀧(38歳)スチャダラANI(37歳)の取材の予定。おっさんは元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

■5月22日円盤、ありがとうございました

 ロック夜話@円盤、ご来場いただき、ありがとうございました。

 夕方から中原昌也さん宅を訪問。選曲や進行の打ち合わせをして、膨大な量のアナログ・レコードを抱え一緒に高円寺へ。第1回の勝井祐二さんのときは、熱心なファンの人たちが開場のだいぶ前から行列をなしていたけど、今回は開場しても一向にお客さんが増えず、中原さんも不安顔。ところが開演直前になってどかどかと増えて、結局勝井さんのときと変わらない動員となって、一安心だった。

 肝心の中身は、中原節大爆発! 前半は彼の音楽的遍歴など訊いていったんだけど、とにかく話が面白すぎで、会場は笑いが絶えない。最初の1時間半ぐらいはまったくレコードをかけずトーク・オンリー。途中から休憩を挟んで2時間近く、ひたすらマイナーなレコードをかけて、中原さんの解説とも感想ともつかないボソボソとした語りで紹介する。ノイズ、ジャーマン・ニュー・ウエイヴ、ガレイジ・パンクなどをかけていたけど、ぼくも知らない、たぶんお客さんも知らない、ていうかおそらく中原さん以外誰も知らない無名アーティストのワケのわからん音源ばかりで、いったいどこでこんなもの見つけてきたんだよというかんじ。それもまた、実にしょうもない、ダメでひどいものばかり続けざまにかける。いや、おもしろかったです。最後は、ぼくがやった昔の中原さんのインタビュー・テキストなどのコピーを、中原さんのサイン入りで希望されたお客さんに配っておしまい。時間の制約もあり、持っていったレコードの半分もかけられず、中原さんはまだまだ続けたがっていたけど、好きな音楽の話をしているときは本当に楽しそう。ともあれ来ていただいた方々、ありがとうございました。
 
 ということで、次は7月17日、ゲストは大友良英さんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

■あしたになってしまいましたが

★5月22日(日)19時~
「小野島 大のロック夜話 第2回」@円盤(高円寺)
チャージ:1000円 with 1drink
司会:小野島 大
ゲスト:中原昌也(Hair Stylistics)

 ミュージシャンの愛聴盤を聴きながら、その音楽的背景を探っていくトーク・イベントの第2回です。ノイズ・ミュージシャンにして作家・映画評論家としても活躍する中原昌也さんをお招きして、中原さん持参の秘蔵盤を聴きながら、お話をうかがいます。小さな会場なので、おはやめの来場をおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

■ピピとガガ

 フィータスとその関連の音源ばかりかけるという非常に暑苦しいイベント。来ていただいた方々、ありがとうございました。スタッフやDJの方々、おつかれでした。

 楽しかった! お客さんよりも、DJたちが一番楽しんでしまったかもしれません。例によって何も決めずに適当にCDを持っていって、その場の成り行きで出たとこ勝負だったんですが、70分間自分の好きな爆音ばかりプレイして、幸せでした。フィータスのイベントというより『200CD ヘヴィ・ロック』の実践版という感も。久々にメモをとったので、プレイリストを末尾に掲載しておきます。

 それにしても男・男・男ばかりの、ほんとうにむさくるしいイベントでした。特にオレのときなんか、女子はひとりしかいないでやんの(笑)。でも男同士の熱い連帯感があって、燃えましたよ!

続きを読む "■ピピとガガ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.05.14

■<イヴェント>当日までこれがトップにきます

454aaf8996521da49c92b041e62a7105


 ジム・フィータスの新作発売を記念して、フィータスとその周辺の音ばかりかけるという非常に暑苦しいイベント。今週末の土曜日です。

「ピピとガガ~ジム・フィータスとゆかいな仲間たち」

 2005/05/14(Sat) 23:00-Till Dawn 2,000yen [w/2D]
 三軒茶屋 DJ Bar chrome
 世田谷区太子堂4-29-1 B1
 TEL : 03-3418-1140

○DJ:
 小野島 大(bug II,bring the noise!)
 阿部★コウキ★(BLACKFIST,暴れん坊ナイト)
 tag(P.R.O.M.)
 バキオ(漢)
 あと一日(ピンクの液体)

23:00-00:10 バキオ
00:10-01:20 小野島
01:20-02:30 tag
02:30-03:40 あと一日
03:40-05:00 阿部★コウキ★

○問い合わせ先:seeyaontheotherside@hotmail.comまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

■HP移転しました

 結局GWは仕事もロクにせず、といって遊び回るでもなく、引っ越しの後片づけをちょこっとやっただけでなんとなく終わってしまいました。なんか損をした気分ですが、まあ仕方ない。

 ところで引っ越しにともない、契約プロバイダが変わったので、メールアドレス(仕事用およびプライベート用。サイト公開用とはちがいます)と、HPのURLが変わりました。もはやほとんど更新もせず完全に立ち腐れになっていますが、ぼくにとっては長い間、ネット生活を充実したものしてくれ、たくさんのい新しい友人と出会うきっかけを与えてくれた想い出深いサイトです。新しいところはここ。古いところにはすでに移転通知しかなく、それも5月一杯ぐらいにはなくなるので、ブックマークされてる方ははやめの書き換えをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Bring the Noise! ありがとうございました

 GWの最中にもかかわらず、今回もたくさんの方にきていただき、おかげさまで盛況でした。ありがとうございました。DJのみなさん、とくにDJ初体験なのに気合いを入れてプレイしていただいた志田歩さん、おつかれさまでした。

 次回は夏フェス前に一回やろうかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

■Bring the Noise! vol.7 G.W.Special

0505

 突然ですが、恒例のイベントがGWの最後を飾ることになりました。ベタなロックでお祭り騒ぎ!

Bring the Noise! Vol.7 G.W.Special

5月4日(祝前)@Dune(三軒茶屋)
Charge:300Yen+Order
DJs:志田歩 / 佐藤英輔 / はる(はれ)ちゃん / christof / ムラカミ / もりた / はっちゃく / odaq / ツヅラ / speedhead / tag / 小野島 / etc....

22:00-22:30 はる(はれ)ちゃん
22:30-23:00 ムラカミ
23:00-23:30 ハードコアchristof
23:30-00:00 ツヅラ
00:00-00:30 もりた
00:30-01:00 佐藤英輔
01:00-01:30  石井恵梨子
01:30-02:00  志田歩
02:00-02:30  小野島
02:30-03:00  はっちゃく
03:00-03:30 tag
03:30-04:00 odaq
04:00-04:30 hidezzzoh
04:30-05:00 speedhead

志田さんはDJ初体験! お待ちしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »