« ■「自分語り」というオブセッション | トップページ | ■円盤の2005年もありがとう »

2005.12.24

■最近の主な仕事

 最近、ぼくにとってとても印象的だった取材に、映画監督の長谷川和彦さん、フィッシュマンズの欣ちゃん、エンジニアのZAKさんなどがありますが、そのうちふたつが、現在発売中の雑誌に掲載されています。


Scan10002
「ロック画報」22号 特集 映画×ロック
 長谷川和彦インタビュー







marquee
「MARQUEE」vol.52
茂木欣一(フィッシュマンズ)インタビュー







 どちらの取材もめちゃくちゃおもしろく、しかも長時間に渡ったので、カットして指定行数に収めるのが本当に大変でした。でもその甲斐あって、きわめて中味の濃い記事になったと自負しています。「ロック画報」の特集のほかの記事も充実。必見の内容です。

 フィッシュマンズに関しては、「音楽と人」のイヤーブックにもコラムを書いた。これもなかなかよく書けたと思うので、立ち読みででもチェックしてください。

 今年の後半は本当にフィッシュマンズに関する原稿をいっぱい書いたけど、締めくくりは来年1月20日ごろ発売の「ミュージックマガジン」2月号のフィッシュマンズ特集。なんと表紙巻頭40ページの特集だそうですが、そこでフィッシュマンズのもうひとりのメンバーともいえるエンジニアのZAKのインタビューほかを担当しています。前述の欣ちゃんのインタビューと併読すれば、この数奇な運命を辿った希代の名グループの軌跡がわかるはず。

 ほかに今出ているミュージックマガジン1月号には、ぼくの年間ベスト10アルバムが掲載されています。

 また、キリング・ジョークの初期4作のライナーも書いてます。限定紙ジャケなので、おはやめに。

|

« ■「自分語り」というオブセッション | トップページ | ■円盤の2005年もありがとう »

コメント

おお久しぶり!
あけおめことよろ~
ライヴさぼりがちですまん。
近々飲みましょう
キリング・ジョークはセカンドも買ったほうがいいよ。ファーストと同等の傑作! ハード・エスノ・ファンクの金字塔!

投稿: オノジマ | 2006.01.03 04:57

あけおめ!
小野島くん、元気?
たまにはライヴに来てちょ。
ええライヴ続いてるよん。
キリングジョークの紙ジャケ、1stのみ購入いたしました(笑)。
なつかしいっす。
やっぱ紙ジャケ。かわいい(笑)。
近々呑もうね!

投稿: 魂花中川 | 2006.01.03 04:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/7804706

この記事へのトラックバック一覧です: ■最近の主な仕事:

» 2005年CDレコ掘り総括 [ち~旦のレコ堀り日記]
一年間に買ったCDレコはたかが知れている。毎年思うが、その年にリリースされた新作 [続きを読む]

受信: 2006.01.09 01:32

« ■「自分語り」というオブセッション | トップページ | ■円盤の2005年もありがとう »