« ■これはすごい | トップページ | ■『uv』休刊 »

2006.02.22

■これは必読

Scan10026


湯川れい子のロック50年―見た!聞いた!会った!世界のスーパースター達

 ついさきほどアマゾンから届いたばかりの本。ミュージックマガジンの書評で知って、あわてて注文しました。
 大御所の音楽評論家にして作詞家の湯川れい子の、音楽評論生活45周年を記念してのアンソロジーです。2400円と高い本なので無理に買えとは言いませんが、冒頭に収録されている「毛穴で音楽を聞いてきた女の私」と、エルヴィス・プレスリーの追悼文「エルヴィスへの挽歌」だけは、立ち読みでもいいんでぜひご一読を。もし「日本人によるロック評論傑作選」みたいな本があったら、間違いなく入る名文です。少なくとも私が選者なら入れます。

 先生とは一面識もありませんが、いつまでもご健在で、と願わずにはいられません。届いたばかりなんで、私もこれから熟読します。

|

« ■これはすごい | トップページ | ■『uv』休刊 »

コメント

和田さん、書き込みありがとうございます。
湯川先生の45周年を記念するにふさわしい本だと思います。GJ!です。
始めのほうに出てくるニューヨーク~ラスベガス旅行記なんて、楽しくてニコニコしちゃいました。
みんな読みましょう!

投稿: 小野島 | 2006.02.26 16:55

↑上の本の監修をした和田です。
お邪魔します!
ご紹介していただいて
ありがとうございます。
そうなんです!その2つの評論こそが
この本の「目玉」で、私自身
もっとも感動したものであります。
ぜひ、読んでいただけましたら
うれしいです。
よろしくお願いします!

投稿: 和田静香 | 2006.02.22 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/8787826

この記事へのトラックバック一覧です: ■これは必読:

« ■これはすごい | トップページ | ■『uv』休刊 »