« ■イケメンはロックの夢を見るか | トップページ | ■ジャズ構造改革 »

2006.03.17

■すべての音をかっぱらえ だけど停電だけが恐ろしい

3/14
高橋幸宏@竹芝ロックスタジオ
以下インビテーションカードから引用

 ブランド「soe」の2006 秋冬COLLECTIONと7年ぶりのアルバム『BLUE MOON BLUE』(TOCT-25939)をリリースする高橋幸宏の合同キックオフ・パーティー。soe 2006 秋冬 COLLECTIONのファッション・ショウと高橋幸宏によるパフォーマンスを予定。
 高橋幸宏がsoeコレクションの音楽を担当していることから、このパーティーが実現!

 最初は30分ばかりファッションショウが続き、それから新曲のPVが流れて、マニュピレターを従えユキヒロさん登場。新作から2曲ばかりやったが、2曲目の途中で再三に渡り電源が落ちて演奏が中断。なんでもビル全体のブレーカーが落ちたらしい。それでも特に慌てることなく、悠然とコンピューターが復帰するのを待っているあたりさすが百戦錬磨のベテランだが、いくら歌ものとは言っても、アカペラでやるわけにもいかず、さすがに流れは中断してしまう。レコードとはアレンジを変え、演奏そのものはかなり良かっただけに残念。でもユキヒロさん、いい声してますね。

 ファッションショウなんて見たことないんでなんとも言えないけど、コンベンションとして考えたらちょっと中途半端な感じは否めなかったかな。でも久々のユキヒロさんのライヴ、楽しかったです。新作も素晴らしい出来なんで、ぜひご一聴を。

toct25939
「BLUE MOON BLUE」

 ちなみにこないだぼくがやったユキヒロさんの取材原稿は、ここに掲載されてます。

|

« ■イケメンはロックの夢を見るか | トップページ | ■ジャズ構造改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/9126770

この記事へのトラックバック一覧です: ■すべての音をかっぱらえ だけど停電だけが恐ろしい:

« ■イケメンはロックの夢を見るか | トップページ | ■ジャズ構造改革 »