« ■Dinosaur Jr.@渋谷AX | トップページ | ■イケメンはロックの夢を見るか »

2006.03.12

■大学の同窓会

 ふだんはプライベートの日記はmixiのほうで書くことにしているんですが、たまにはこちらで。

 昨日(11日)に、大学の同窓会(クラス会)がありました。卒業以来なんと26年目で初めての同窓会です。担当の先生が今年で定年退職ということで、招集されたようです。

 うちの大学では1,2年に語学の授業があり、第2外国語に同じ外国語を選択した者が2年間同じクラスで過ごします。私が所属していたのは第2外国語にフランス語を選択したクラスで、男子11名女子26名の計37名。英文科なので女子が男子の倍以上いるという構成でした。酒池肉林でさぞ楽しい思いをしたかと思いきや、色恋沙汰などまったくなくて(陰であったのかもしれんが、オレはしらん)、女子パワーに圧倒されて男子はコソコソと小さくなっていたのが実状でした。

 同じクラスとはいっても中学や高校のように一日中一緒にいるわけではなく、語学の授業のときのみのクラスメイトだったのでさほど結びつきが強かったわけではありません。3年以降になるとみなバラバラになり、私などはクラブ活動(映画研究会)やバンド活動に身を入れていたので、クラスの友だちとは次第に疎遠になって、卒業後は、同じ音楽業界にいる友人以外とは滅多に連絡をとることもなく、この日も卒業以来26年ぶり(トシがバレますね)に再会する人がほとんどだったわけです。

 出席者は20名で、男子8名、女子11名、それに担当の先生。なかにはこの日のために地方から上京してきた人も少なからずいました。欠席した人は、転居等で消息不明の人、案内の手紙などは届いたが返事のなかった人、地方在住でこられなかった人など。

 あくまでも一般論ですが、こうやって大昔の、若いころの友だちに会いたい、会ってもいいと思うのは、いろんな意味で余裕がある人だと思います。仕事の面でも私生活でも、もちろん体調的にも経済的にも。だから出席者はみなそれなりに順調な人生と平穏な生活を送ってきたとおぼしい人がほとんど。出欠の返事とともに、卒業後の人生や近況を記すアンケートを書いたんですが、それを読むと、男子はみな家庭をもってそれなりに安定した仕事につき、女子も結婚して子供を産んで幸せな家庭生活を送っている人ばかりでした。反面、音信不通で欠席した人、アンケートの近況報告に何も書かない人などは、出席はおろか返事もしない、できない、したくない理由があるのかな……と勘ぐってみたり。でも出席者は全員、とくに女子は満ち足りた生活を送っているせいか、年齢の割には若々しい人が多かった気がします。先生もお元気そう。

 26年ぶりということで、とくに女子は顔をみてもわからないんじゃないかと思いましたが、意外にそうでもない。大学の卒業写真と本人を見比べると、当時の記憶がおぼろげながらよみがえってくる。とくに声や話し方は、26年たっても変わらないものですね。長髪にサングラスのキザな格好だった男が、ふつうのメガネに短髪ですっかりオヤジになっていたのは笑いましたが、話をすると全然変わっていない。男子はともかく女子が全員当時の面影をしっかり残していたのは意外でしたが、女子の場合ホルモンのバランスが不安定な中学高校を境に、がらりと外見や雰囲気が変わる場合が多く、大学生ぐらいの年齢ともなるとある程度落ち着くということでしょう。これが、たとえば小中学校の同級会とかだと全然事情は違うと思います。

 会は穏やかで和やかで、とても楽しいものでした。まあ会話の内容は昔話とお互いの家庭の話、それから年齢相応に健康の話や親の介護の話題ばかりで、現在の自分の生活や仕事とはまったくリンクしないんですが、それでも飽きることがなかったのは、やはり20歳前後という、人生のきわめて重要な時期をともに過ごした仲だからでしょうか。26年前は1回も口を利いたことのなかった女子と親しく会話したり(メロコアのバンドをやってる大学生の息子がいるそうだ。こういう話を聞くと、自分の年齢を否応なく意識させられます)、思わぬ人と盛り上がったり。、面白かったです、いろんな意味で。

 それにしてもなぜいま同窓会だったのか。だいたい大学生ぐらいのお子さんがいる人が多く、子育ても一段落し、人生もいよいよ後半戦(終盤戦?)に突入して、そろそろ自分の人生を振り返るような段階になったということでしょう。過去を振り返り懐かしむのは、やはり年をとった証拠です。いわゆる働き盛りの時期をそろそろ過ぎて、自分の器量とか能力、可能性、先行きもなんとなく見えてきて、人生のまとめに入る時期。リタイア後の生活とか、年老いた親の問題などを考えざるをえなくなる年。そういう年齢に達して、初めて過去を懐かしむことになるわけです。まあ会社員で出世コースにのっている人は、役員として残れるかどうかの勝負はこれからだったりするので、なつかしモードにはなりようがないのかもしれないですが、どうも昨日来ていた中で、そんなやつはいそうもなかったなあ(笑)。
 基本的に過去を振り返ることがなく、といって将来設計をたてるわけでもなく、いつもいま現在を楽しく充実したものにすることしか考えていない私ですが、いろいろ考えさせられました。やれロックだテクノだと最新流行をおっかけるような生活でも、中身はそんなものです。

 まあ私の場合フリーランスなので、生活は不安定だし先の保証もまるでない。いまは独り身・一人暮らしですから、病気で倒れたりしたらたちまち生活に支障をきたすわけです。そういう点で、安定した生活と将来設計を手に入れているかっての同級生たちをうらやましく思うことも、正直言ってあります。しかし私にはそのぶん、自由と気軽な生活がある。まあ飢え死にするのも病気で死ぬのも自由な生活ということですが。

 昼間から始まって2次会、3次会と流れ、夜のモーサム・トーンベンダーのライヴはパス。昼間から飲み続けたせいか、今日はひどい二日酔いです。なので楽しみにしていたアニマル・コレクティヴもいけずじまい。やはりトシですなあ。

 さて、次の会合はいつだろう。5年後か、10年後か。願わくばそのときは、今回欠席した人も含め、全員と笑顔で再会できますように。

|

« ■Dinosaur Jr.@渋谷AX | トップページ | ■イケメンはロックの夢を見るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/9056960

この記事へのトラックバック一覧です: ■大学の同窓会:

« ■Dinosaur Jr.@渋谷AX | トップページ | ■イケメンはロックの夢を見るか »