« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

■2006年極私的10大ニュース

 はやいもので1年ももう終わりです。今年最後の更新ということで、恒例のエントリーです。

2006年極私的10大ニュース


1)音楽ライター講座10周年

 96年に始めた同講座ももう10年。送り出した卒業生の数は想像もつかないが、これだけ長い間続けられたのは池袋コミュニティカレッジの関係者と、受講生のみんなのおかげだ。10年前に比べ、同種の講座も増えた。競争相手も多いけど、求めてくれる人がいるかぎり、続けようと思っている。

2)「フィッシュマンズ全書」上梓
 
 宿願の企画が実現。佐藤伸治くんのご両親がとても喜んでくださったのが、なによりだった。協力してくださったすべての方々に、改めて感謝を。

3)節目の誕生日をたくさんの友人たちが祝ってくれたこと

 年も押し詰まって、思いもかけぬ出来事。某レコード会社の方や雑誌編集者の方が音頭をとって、素晴らしい誕生パーティーを催してくださった。長い人生、たまにはいいことがある。主催してくれたMさんやHさん、Kレコードのみなさん、オレだけのためにDJをしてくれたI君、会場を提供してくれたUさん、来てくださった方々、ほんとうにありがとうございました。死ぬときにはあなた方のことを思い出します、必ず。

4)日本ハム・ファイターズ優勝!

 心底応援していたチームの優勝。しかもリーグ優勝、日本一、アジア一の胴上げも目の前で見た。オフに小笠原の移籍には心底がっかりさせられたけど、それも含めて。

5)シカゴでビック・ブラックの再編ライヴを目撃

 まあ正直言って演奏内容にはかなりがっかりさせられたけど(そのときの感想はミュージックマガジンに書いた)、やはり自分にとっては大きな出来事だった。

6)フジロック10周年
 
 電気グルーヴのライヴは感動的だった。まあ自分はただの傍観者ではあったけど、10年間1回も欠かさず参加し、そのすべてでリポートを書くことができたのは幸せだった。スマッシュ関係者には心の底からリスペクトを。20周年も30周年も参加したい。

7)「uv」誌の休刊

 今年もいろんな雑誌がなくなったけど、やはり私がこの仕事を始めてから10数年、ずっとお世話になり続けてきたこの雑誌の休刊はショックだった。邦楽の主だったアーティストの取材はほとんどすべてこの雑誌でやってきただけに、悲しく、寂しい。

8)橈骨神経麻痺で、右手が動かなくなる

 年明け早々のことでした。酔っぱらって爆睡したら、腕がヘンなふうに押されて、麻痺したらしい。一ヶ月ほどリハビリしてなんとか回復しましたが、生活にたいへん支障をきたしました。おかげでジム通いは中断。酒はほどほどに。

9)ロック夜話、brinf the noiseなど、自分主催のイベントも順調

 来年はもうひとつぐらい増やしてみようかと思っている。

10)私生活は平穏な毎日

 8)みたいなこともあったが、おおむねここ最近になく平和な一年だった気がする。周りで支えてくれた人たちに感謝。

2006年ベストライヴ(順不同)

◎ダイナソーJr@渋谷AX(2月27日)
◎フリクション@名古屋得三(4月7日)
◎マニュエル・ゲッチング@PRISM(4月30日)
◎ラヴ・ショップ・ロザリオス@六本木アルフィー(5月5日)
◎マルコス・スザーノ+沼澤尚+勝井祐二+内田直之@フジロック(7月27日)
◎電気グルーヴ@フジロック(7月28日)
◎ダフト・パンク@サマーソニック(8月13日)
◎バッファロー・ドーター@ライジングサン(8月20日)
◎リッチー・ホウティン@WIRE(9月2日)
◎!!!@シカゴ タッチ&ゴー10周年イベント(9月10日)
◎クロマニヨンズ@渋谷AX(12月21日)

 11本になっちゃった。こうやってみると洋楽が少ないですね。

 ではみなさま、よいお年をお迎えください。1年間ご愛読ありがとうございました。来年はもう少し更新を増やすつもりです。2007も当コラムをごひいきに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.29

■bring the noise! 年忘れスペシャル!

 いよいよ年も押し詰まってきましたが、最後の最後はおなじみバカ・ロック・パーティー「bring the noise!」で大騒ぎ!

Flyer200612291

Bring the Noise! VOL.11

12月29日(金)22:00~
DUNE(三軒茶屋)
チャージ:300円+オーダー
DJs:DJs:森田真功/小田由美子/森嶋良子/遠山香織/いっしー/田口和裕/安田理央/石井恵梨子/オノジマダイ/はっちゃく/久保田稔人/小原敬儀/24no/h::dziz 他

ベタなロックでお祭り騒ぎ! 年忘れスペシャル!

 おなじみブリノイ。DJ14人を揃えて、楽しくやりたいと思います。オールジャンル・ミックス! 宴会+音楽でみんなハッピー! お待ちしてます。

 なおライター講座関係の方にお知らせ。イベント開催前にライター講座の忘年会をやります。ぜひ顔を出してください! 詳しくは小野島あてメールで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

■ザ・クロマニヨンズ@渋谷AX

 フジロックやライジング・サンでしょっちゅう見ているのでそんな気はしないんだけど、ワンマンのライヴを見るのはもしかしてブルーハーツ以来かもしれない、と思いつつAX2デイズの二日目に行ってきました。

 いやー面白い。気分は最高でした。キャリア四半世紀を超えているのに、十年一日のごとく同じことを繰り返しているだけなのに、これほどまでに初々しく瑞々しいロックンロールを、なんの衒いもなくやれるのは素晴らしいことです。最近のチンピラ・バンドを聴いていると、ロックンロールなんてもはやカビの生えた前世紀の産物だと言いたくなることはしょっちゅうですが、ロックンロールがつまらなくなったのではなく、つまらないやつのやるロックンロールしか聴いてなかったのだ、と改めて気付かされました。こういうシンプルで飾りのない型どおりのロックだからこそ、才能の差は歴然と出る。そこらの三流ポスト・ロックや音響派みたいに雰囲気モンのごまかしがまったく利かない直球勝負だからこそ、持って生まれたタレントがモノを言う。そして甲本ヒロトらの天賦の才は、あまりに突出しています。あの細くて長い足と、無駄な贅肉が一切ないやせこけた胸が、彼らの音楽を象徴している。

 もちろん浅井健一もチバユウスケも優れたロッカーですが、ロックンロールにはどこか馬鹿げたところがあったほうがいいとするなら、ヒロトやマーシーこそが、当代最高のロックンローラーかもしれません。あ、ギターウルフもいますけどね……

 アンコール込みで75分。まさに疾風怒濤でした。来年はいい年になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オリコン問題について

 3日前に音楽配信メモ経由で烏賀陽氏のメール文面を読んだときには、あまりにひどいやり口と憤激し、その怒りのままあれこれ書き殴ったわけですが、その後いろいろ情報が出て、情勢が変わってきました。なので前のエントリーに代わって、新しく現在の私の見解を書き留めておきます。

第一報の音楽配信メモ
烏賀陽氏の主張
オリコン側の言い分
サイゾーのコメント

 オリコン側は、烏賀陽氏の「オリコンはチャートの調査方法をほとんど開示していない」「予約枚数を算入している」という2点の発言に関して事実誤認であると主張し、それに基づく名誉毀損の賠償訴訟をおこしている。
 正直、かなり痛いところをつかれた気がします。この2点が間違いなく事実であると証明しなければ、烏賀陽氏の全面勝訴はないわけですから。
  しかしこの問題の最大の焦点が、オリコンという上場企業が、いち個人であるジャーナリストを相手に巨額の賠償訴訟を起こしたという一点にあることは明白です。つまり大企業による言論の圧殺ですね。
 3日前のエントリーにも書いた通り、20年ほど前には、レコード会社等による、チャート調査対象のレコード店への「チャート工作」と称した働きかけはありました。また調査した数字を集計しランキングという形で発表する過程で、なんらかの恣意的な操作があった可能性も、否定はできませんでした。
 現在はどうなっているのか、巷間言われるような特定個人あるいは企業との癒着という実態があるのかどうかは、わかりません。ただ、そうした疑いを招きかねない体質あるいはイメージを、オリコンという会社が持っていることは確かで、しかもそれは音楽業界内部では半ば公然のコンセンサスのように語られている。そこを烏賀陽氏やサイゾーは衝いたのです。
 つまりオリコンは「痛くもない腹」あるいは「痛い腹」をさぐられてしまった。その報復が、今回の訴訟であるというわけです。オリコンのIR担当は 「賠償金が欲しいというのではなく、これ以上の事実誤認の情報が流れないように(多額の賠償金を課すことで)抑制力を発揮させたい」と表明したことで、恫喝・言論圧殺が目的であることを自ら明かしてしまった。これはやはり到底許される話ではありません。

 ……とここまで書いたら、オリコン社長名による新たなコメントがリリースされました。

「ライター烏賀陽弘道氏への提訴」について

 かりそめにも言論機関であるオリコンが、恫喝めいた言論圧殺を図っている。そんな声がネットを中心に巻き起こったのをみて、あわてて弁明してみたというところでしょうか。しかしどんな言い訳を並べたところで、いち個人ジャーナリストへの巨額の賠償提訴という暴挙の正当な理由にはならない。烏賀陽氏の発言が事実誤認であるというなら、ほかならぬオリコン誌上で堂々と反論・論破すればいいのです。なんなら烏賀陽氏とオリコン社長で対決対談でもすればいい。
 オリコン社長は「謝れば許してやるよ」と言っているわけですが、なんとも傲慢な言い分と感じました。前にも書いた通り、私個人は「フィッシュマンズ全書」で、オリコン掲載記事の転載を許可していただいた恩義もあり、オリコンが必要以上に叩かれたり悪者扱いされるのは抵抗あるんですが、今回の件はどうあっても擁護できません。残念ながら。

 あと、これは本筋から離れた私の妄想ですが、もし同じ記事をサイゾーではなく「噂の真相」が掲載したらどうだろうと考えました。たぶん、というか絶対に「噂の真相」はコメント主の実名は出さないでしょう。もちろん取材源の秘匿のためです。ふりかかる火の粉はすべて編集部で負う。そんな「噂の真相」相手に、オリコンは提訴したでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.12.19

■アメリカン・ハードコア

 最近、秀逸な音楽映画が次々と公開されて嬉しい限りですが、またひとつ大傑作が今週末に公開されます。

291809949_74

 アメリカン・ハードコア公式サイト

70年代パンクを暴力的に再構築、全米地下世界に吹き荒れた80sUSハードコア。その最盛期を捉えた、破壊力抜群のパンクドキュメント巨編!!!70年代パンクに影響を受けつつ、より速く、より激しく、より暴力的に進化していったハードコア勢は自主レーベル、ツアー、ファンジンなどで独自のネットワークを築き巨大なムーブメントに成長していった。NIRVANA以降、90年代に一般に広まっていったオルタナティブ・ロック、OFFSPRING、 GREEN DAY以降ビッグ・セールスを記録するに至った現代パンクなどのルーツであり、間違いなくその土壌を作ったのが80年代USハードコア/パンクである。究極のアンダーグラウンド・シーンであったがため、常に音楽史、ロック史において無視され続けてきたこのムーヴメントの最盛期(80年-86 年)を、最新インタビューと当時の貴重な映像とで綴るのが本作「AMERICAN HARDCORE」だ!

 今週末の23日から渋谷でレイトショー公開になるドキュメンタリー。詳しくは次に出るミュージックマガジンで映画評書いたけど、タイトル通り、アメリカのハードコアの歴史を100人近い関係者の証言と、超レアなライヴ映像などで追った作品だ。これがもう悶絶するほど面白く、かっこいい。およそパンクというものに少しでも関心があるなら、絶対に見なきゃダメです。バッド・ブレインズ、 ブラック・フラッグ、マイナー・スレットのライヴ映像が見られるんだから、その筋のヒトはニョーボー子供を質に入れても劇場にいきなさい。イマドキのチャラチャラした若僧パンクなど足もとにも及ばぬ過激さ。いやあ、久々に燃えたわ。

 この映画ではハードコアは86年に死んだとしている。その年にミニストリーの「トゥイッチ」とかビッグ・ブラックの「アトマイザー」といった、アメリカン・オルタナティヴの決定的転換点となった問題作が出ているのは象徴的だ。

 来年2月にはDVDが出るが、これは絶対劇場の大きな画面で見たい。

公開はここで。今出てる『DOLL』誌に大特集載ってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■POLYSICS@リキッドルーム

 久々に見たけど、いやはやすごいことになってますね。

 バンドの演奏はますますパワフルに、ソリッドに、ハードになっていたけど、まあこれは想定の範囲内。驚いたのは客のヴォルテージの高さ。ほとんどヤケクソのように手を振り足を踏みならし、歓声をあげ踊りまくる。お前ら全員なんかスピードでもやってるのか?と思うぐらい。会場全体に尋常でないエネルギーが充満していて、それがまたアーティストのプレイにフィードバックして、なんだかとんでもないことになっていた。熱気ムンムン、なんてありきたりな言葉では表現しきれない異様な雰囲気。バンドの側も、もってまわった文学性とかベタついた感傷がまるでない、ドライでプラスティックな合体ロボみたいな演奏に徹しているから、気持ちがいい。いくら汗みどろになってもシリアスさ皆無で、軽い。こういうバンドが日本で人気が出るのはいいことだ。

 まあ好き嫌いはあると思うけど、今のポリシックス、一度は見ておいたほうがいいんじゃないでしょうか。あれだけガリガリ動き回っても全然プレイが乱れない演奏力の高さは、さすがに世界を股にツアーをやりまくっているだけのことはある。

 久々に打ち上げに出席してハヤシくんと飲みたいところだったが、しかし絶賛年末進行中で、楽屋挨拶もなく泣く泣く帰宅。仕方ない。年末恒例のコレまで我慢して仕事しよう。

★『bring the noise!』 vol.11
12/29(金)22時~
@DUNE(三軒茶屋)http://www.djbar-dune.com/
DJs:もりた/odaq/もりしま/かおりん(姉)/いっしー/tag/ダリ夫/えりこぷたー/はっちゃく/カリメロ/ratio/24no/小野島 他

 例によってのバカ騒ぎのパーティ。ベタなロックでお祭り騒ぎ! 年忘れスペシャルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

■電メリ総括

 糞ココログのなが~いメンテナンスのおかげで更新のタイミングを失ってしまいましたが、先週の電メリの感想です。

  前夜ほとんど睡眠がとれず、リハが終わる2時前ぐらいに到着。主催者の人に「ずいぶんお早いですね」と言われて、やっぱり無理せず出番ギリギリぐらいに来れば良かったかなと少し後悔するが、それでも、これだけたくさんのバンドを見る機会はそうそうないので、全部見なきゃソンと自分を納得させる。
 で、これが大正解。結果的に、最初に出た三つのアーティストが一番良かった。

 最初に出てきたスカイフィッシャーはおととしの電メリでも見ているはずだが、そのときは全然印象に残っていない。だが今回は素晴らしかった。言ってみればディスコ・パンク的な、ギャング・オブ・フォーを思いきりダンサブルにしたような方向性だが、メンバーのテクも2本のギターのアンサンブルもしっかりしているし、リズムも強力で、否応なく乗らされる。以前はもっと速い変拍子中心で、こういうダンサブルな音楽性に変わったのはわりと最近のようだが、とにかく乗せられた。おしむらくはヴォーカルが少し弱い(つまり歌が印象に残らない)ことで、レコードを作るならそのへんが課題になると思うが、ライヴ・バンドとしては現状でも最強と言いきりたい。メジャー・インディーズ問わず、最近見たライヴの中では一番良かったと思う。

 続く佐伯誠之助は、去年の電メリでも見て非常に印象的だった人。兵庫出身で、ギター型のサンプラー?を駆使しながら、ひたすら下ネタを繰り出す、通称「猥褻電子芸術家」。絶対メジャーにはなりようもないアングラ芸の極致だが、その破壊力たるや相当なもので、去年よりさらにパワーアップしたギャグの連続にもう笑い死に寸前だった。ちょっとした仕草やサンプリングのタイミングで笑いととるので、何もしていない無音の時間でも、観客は一言一句一音も見逃すまい聞き逃すまいとして息を詰めて見ているから、場内には妙な緊張感も漂ったりするのがまたおかしい。ひたすら下品、というかガキみたいなジョークばかりなのに、女子が大喜びしていたのが印象的だった。電メリ以外で見たことないけど、また東京に来てほしい。

 3番目はmiami。この日記でも何回かとりあげたが、2年前の電メリで見て以来おっかけてきた女子2人組。ひとりがサンプラー、ひとりがヴァイオリンで、ふたりで踊りながら歌う。言ってみればあふりらんぽとハルカリとパフィーの中間にある何かという感じ。しばらくごぶさたしてる間に新曲も増え、旧曲もアレンジを変えていたが、のほほんとした持ち味は変わらない。トラックがほとんどアタリ・ティーネイジ・ライオットみたいな高速ドラムン・ベースになっているのに、歌は相変わらずのほほんとしていて、そのギャップがおかしい。ずいぶんファンも増えたようで、観客の反応もいい。この日は喋りが多かったが、それがまた可愛い。男子が見ても女子が見ても嫌味なく楽しめる希有な人たちなので、ライヴを見るといいと思うよ。もっと話題になってもいい人たちだが、本人たちに上昇志向が皆無なので仕方ないか。

 このあとに出た人たちはみなよくも悪くもスタイルが固まっていて、それまでの印象を大きく変えてしまうようなインパクトはなかった。とはいえ、そのぶんキャリアに裏打ちされたパフォーマンスは、さすがと思わせるものばかり(首をかしげるようなものもあったけど)。これだけたくさんのアーティストが出たわりに、ハシにもボウにもかからないようなクズが皆無だったのも珍しく、これはブッキングの勝利だと思う。最後まで飽きずに見れたし、主催者の安田理央さん率いるモデルプランツも、自分が見た中ではベストに近い出来だった。ミンカパノピカのゲストでリザードのモモヨさんが来ていたのでびっくり。自分のDJプレイに関しては、ミスが多すぎてやや落ち込む。

 終了は10時半近く。8時間近くたちっぱなし&寝不足で疲労困憊していて、打ち上げは電車が終わる前に失礼させてもらったけど、とにかく楽しめたイベントだった。みなさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »