« ■ラウンジwell歌夢~ロック夜話 | トップページ | ■もろもろ »

2007.01.26

■バンギャル ア ゴー・ゴー

Bangal


 雨宮処凛の小説。大槻ケンヂが「本の雑誌」で絶賛していたので買った。上下巻 900ページ超と長い作品だが、一気に楽しく読めた。

 ヴィジュアル系バンドの追っかけ少女たちのお話。前半は北海道在住の主人公が筋金入りの追っかけになるまでの過程を、後半は追っかけが嵩じて高校を中退して上京、さまざまな現実に直面していく様子を、実際にあったヴィジュアル系関連の事件を絡め描く。著者はXなどの追っかけをやっていた経験があるらしく、自伝的小説と言っていいだろう。

 もちろんオレは追っかけたことも追っかけられたこともないし、ヴィジュアル系バンドは仕事上でも個人的な嗜好でもまったく縁がないが、語られているエピソードや主人公の心情などはじつにリアルで、さもありなんという気がした。とくに上巻の前半、主人公がロックに目覚め、どんどんバンドの魅力にのめり込んでいく過程は迫力と勢いがあるし、ロックが好きなら、誰でも思い当たるところがあるんじゃないかな。オレも中学や高校のころを重ね合わせて熱くなったりした。ヴィジュアル系にまったく興味がないという人も、ロック、いや何かに目覚めて夢中になって、それまでの自分の生活や人生がまったく色褪せてしまったことがあったり、周囲との断絶や違和感に悩まされた経験のある人なら、共感できるところ大だろう。無理解な母親との葛藤のくだりや学校のつまらなさを嘆くところなど、痛い痛い。

 さまざまなエピソードが羅列され、その間に主人公の自分探し的な独白・自問自答が続くという構成。それぞれのエピソードに関連性がなく団子状に連なっているだけなので、お話としての流れは悪い。主人公の自分探しの旅も結局堂々巡りのまま終わり、結末も弱い。小説としての完成度は高いほうではない。が、ロックの魅力を(それが一面的なものであるにせよ)、ここまで平易に生々しい皮膚感覚で描いた作品は珍しいし、自らのアイデンティティのよりどころをロックやロック・アーティストに過剰に重ね合わせてしまう、きわめて日本的なロック事情に関する貴重な証言でもある。

 当然ファンの側からの小説なので、バンド側からの視点は語られないが、これはぜひ、ミュージシャンの方の感想も聞いてみたいもの。ファンっていうのはありがたいものと思います、ほんと。

著者による紹介


|

« ■ラウンジwell歌夢~ロック夜話 | トップページ | ■もろもろ »

コメント

これはひょっとしてワタクシ向けの本でしょうかね。ムムム。

投稿: 毒蝮麭麺 | 2007.02.16 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/13665107

この記事へのトラックバック一覧です: ■バンギャル ア ゴー・ゴー:

« ■ラウンジwell歌夢~ロック夜話 | トップページ | ■もろもろ »