« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.27

■Jマスシス@リキッドルーム

358567372_37


昨晩(2/26)は ダイナソーJrの新作『Beyond』のリスニング・パーティー。

/*J MASCIS AND BEYOND....*/

伝説のダイナソーJr.フロントマン、J・マスキスによるスペシャル・ソロ・ライヴ&ダイナソーJr.新作アルバム『Beyond』プレミア先行プレビュー!

2月26日(月)@ Liquid Loft(恵比寿Liquidroom 2階)
オープン:19:00
スタート:20:00
チケット:\2,500 plus 1 drink
www.liquidroom.netにて200枚限定販売予定

80年代後半~90年代前半のグランジ/オルタナ・シーンをニルヴァーナやソニック・ユースとともに支えた伝説的バンド、ダイナソーJr。メンバー間の確執によって1997年に解散をした彼らだったが、それから8年後の2005年、ダイナソーJrの作品のリイシューを機にまさかのJ、ルー、マーフのオリジナル・メンバーでの再結成ツアーが実現。

そして2007年、オリジナル・メンバーとしては1989年の『Bug』以来約18年という長い時を経て、あの傑作『グリーン・マインド』を越えるニュー・アルバムを完成!今回はなんとダイナソーJrの中心人物、J・マスキスが来日し、急遽ソロライブを決行!そしてなんといち早く待望のニュー・アルバム先行プレビューも実施も決定、ファンにとっては貴重でプレミアムな一夜となる事は間違いなし!

 入場してみると2階ではなく1階、つまり通常のフロアでの開催。観客は300~350名ぐらい?

 新作はもう、笑っちゃうほど初期ダイナソーだった。司会のブライアンが「18年ぶり」を強調するあまり、ルー・バーロー脱退後のダイナソーなど、まるでなかったかのように話すのはどうかと思ったけど、まあ気持ちはわかる。まるで90年代も00年代もなく、1988年と2007年が直結した感じ。再結成ダイナソーのライヴを見たとき、日記でこんなことを書いたけど、

●ダイナソーは、ロックの原型であり最終型である
●「Freak Scene」と「Teenage Riot」でロックが終わっていれば、ロックもオレたちも幸せだった
●ダイナソーは空虚である。つまり、理由がない。だから美しい

なんかアルバム聴いてなお納得したというか。Jマスシスにとってのロックは88年で止まってて、90年代も00年代もロックなんてないも同然だったってことでしょう。でも「Teenage Riot」や「Freak Scene」後のロックの追い込まれた状況を思えば、それはある意味幸福だったんだと思う。だからダイナソーのロックはすごく空虚でカラッポだけど、どこか楽観的でハッピーなのだ。ヤケクソ気味の幸せだけどね。

 それにしても後期ダイナソーとも、もちろんJのソロともセバドーとも違う、まさに初期ダイナソーでしかありえない世界。この3人が集まると自然とそうなってしまうんだろう。再結成した当初は、接点というか共通点を探るような気もあっただろうけど、3人の生理が生理のままぶつかりあうと、結局こうなってしまうってことか。

 再結成ダイナソーがスタートしたとき、ルー・バーローのファンからは「今さらJとやってどうする」という声もあったわけだけど、ルーにとってみれば、ダイナソー脱退後の彼の音楽は、ひたすらJやダイナソーへの反発と、そこから離れよう離れようとした結果じゃないだろうか。だからJと和解してわだかまりがなくなれば、むかしと同じヴァイヴになってしまうのは当然というか。まあ言ってみれば18年間時間が止まっていたわけだ。初期衝動のまま始めたバンドが18年冷凍保存されていて、突然解凍された。止まっていた時計を動かしたら、全然違和感がなかったという不思議。ほんと、ロックの進化ってなんなんでしょうね。

 それにしても全編同じような曲が並ぶ金太郎飴状態。もうやたらデカい音がどかんどかんと鳴って、そこには、ワンパターンの手癖だらけだけど人懐っこいメロディーと、わけわけらん衝動とハッピーなエナジーだけが漲っている。まあ好きな人は大好きでしょう。でも関心ない人は「フーン」で終わりそう。ま、それでいいんじゃないでしょうか。

 続いてエレアコを抱えたJが登場。基本的に弾き語りだが、一旦弾いたリフレインをループさせて爆音ファズでソロを弾きまくったり、やりたい放題。しかし、これがまた良かったんだな。音楽的にはニール・ヤング8割、キュアー2割という感じで、形態的にはオリジナリティ皆無。ダイナソーには3人がぶつかりあうことによる自然な個性があるけど、ソロになるとそのまんま。そこで何か独自のものを作ろうなんて意識は、おそらくJにはまったくない。ただ歌いたいことを好きなように弾いて歌ってるだけ。だからこの人の魅力って、キャラクター以外のなにものでもないというのもよくわかった。たぶん特定の世代しかアイデンティファイはできないタイプのキャラクターなんだけど、愛すべき人だと思う。なんかもう、ニコニコして見ていたよ。

 うん、いい夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.20

■アルビニのストゥージズ!!

B000mtdrju01_aa240_sclzzzzzzz_v45723134__1

 スティーヴ・アルビニがプロデュースしたストゥージズの新作(33年ぶり!)がすごすぎる。いったいなんだこの音の太さは。いったいなんだこの、ゲンコツでガンガン殴り合っているようなど迫力は。御大テンション高すぎ。アルビニ冴えまくり。33年前と寸分違わない演奏なのに、間違いなく今の音になっている摩訶不思議。

 こりゃ今年度のベスト10は間違いないんじゃないでしょうか。当然、これ読んでる人は買わなきゃだめですよ~

 ちなみに鳥井賀句さんによれば、今年のフジロックでの来日が決まってるそうです

日本盤はボートラ1曲入り

輸入盤は安い

発売はほぼ同時ですね

ちなみにこんなのも出たようだ。こっちはまだ聴いてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ザ・カーズの前身バンド

Renderphp


 友だちから教えてもらったザ・カーズの前身バンドMilkwoodの唯一のアルバム『How's The Weather』を新宿ユニオンでようやくゲット。カーズのリック・オケイセックとベンジャミン・オールが在籍していたバンドの73年作である。

1973年にパラマウント・レーベルからリリースされたC.S.Nタイプのグッド・アコースティック・サウンドが、S.S.Wファンを中心に近年高い評価を受けているグループ、ミルクウッドがリマスター仕様で待望のCD化。

このアルバムはカーズのリチャード (リック) ・オケイセックが在籍したという事でも注目ですが、なによりもこの美しいハーモニー&アコースティックな肌触りのサウンドは、C.S.Nフォロワーというよりも同等に語られるべき内容です。ほとんどの楽曲をリック・オケイセックが手掛けておりこれが、またメロディアスながら甘さ控えめという絶妙さです。こちらもCD化が切望されていた作品!! 今年最初のグレイト・リイシューといえるアイテムです。

 CSN&Yじゃなく、CS&Nというのはまあまあ的確な形容だろうか。つまりニール・ヤング的狂気とかハードネスとか緊張感のない、アコースティックなフォーク~カントリー・ロック(コーラス・ハーモニー多用)。いや、もっといえばS、つまりスティーヴン・スティルス的な熱気とかソウルフルさとかビート感覚もなくて、グレアム・ナッシュ&ディヴィッド・クロスビーのアルバムに通じる、微温的なゆるーいサウンドが延々と展開されている。ジャケットのメンバー写真も含めザ・カーズの面影など皆無もいいところ。声はかろうじて後のリック・オケイセックを思い起こさせるかな(節回しはまったく違う)。

 まあ70年代初頭のシンガー・ソングライター系が好きなら、買っても損はないかな。完成度は高いとはいえないし、技術的にも大したことはないけど、なによりすごく素朴で清らかで、35年前の若者ってこんなに純情だったのだなと感慨深くなる。

 限定500枚と帯にある。友人によれば、「韓国のレーベルが出したものに歌詞カードと帯を日本で用意した(紙ジャケも?)という形のもののよう」ということだ。ちなみに国内はディスクユニオン限定発売のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

■次回ロック夜話・予約受付は終了しました

次回ロック夜話のゲストに中村達也が決定しました!

しかし2月18日0時の告知解禁(ロザリオスHPにて)と同時に予約のみで定員に達してしまったようです……
申しわけありません……

音楽ライターの小野島大が司会をつとめるトーク・ショー「ロック夜話」のゲストに中村達也が決定しました。 ゲストの愛聴盤を聴きながら、ゲストが自身の音楽史や音楽観を語り尽くすトーク・ライヴ・ショーです。

「ロック夜話」vol.13
3月18日(日)18:30開場 19:00開演
@円盤(東京・高円寺)http://www.enban.org/
チャージ:1000円(1ドリンク付)

★本イベントは40名限定の完全予約制です。
予約はメールinfo@enban.orgもしくは電話03-5306-2937で円盤まで。現在申し込み受付中。定員に達したので、予約受付は終了しました。
問い合わせ:円盤 03-5306-293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

■ROVO~クラッシュ~スパルタ

●2/11
ROVO@リキッドルーム。昨年秋のスタジオコーストのライヴは見逃しているので、ライヴは久しぶりだ。

 結成10周年記念ということで、前半は最初期の曲を、後半は脱退した中西宏司がゲスト参加して中期以降の曲を演奏するスペシャルなプログラム。やはり初期の曲は構成も演奏もシンプルで、そのぶん力強い。そして中西ひとりが加わることで演奏はぐっと色彩豊かに、広がりが出て複雑になる。前半がロック/トランス色濃いとするなら、後半はプログレ/ジャズ・ロック色が強かったと言えるだろうか。どっちがいいかは好みだろうけど、個人的には後半のほうによりグッときた。かなりレアな曲も演奏したりして、2時間弱の演奏時間はずいぶん短く感じた。映像も素晴らしく、もちろん演奏は完璧。
 ちなみに恒例の野音は5月5日だそうです。

●2/12
 新橋の共同通信社で、「オーディオベーシック」誌の試聴対談。モノはクラッシュで、総額300万ほどのセットで「シングルズ・ボックス」を聴くという試み。こういうハイエンド・オーディオで、しかも調音の行き届いた専用ルームで大音量でクラッシュを聴くという体験は、そうそうないだろうと思うが、結論からいうと、素晴らしかったです。さんざん聞き慣れた曲なのに、この沸騰するような情動はなんなのか。後期は録音もよくて、最新のダンス・ミュージックとしても完璧に機能している。ロックの進化って何なのかと改めて思った。
 ちなみに「シングルズ・ボックス」のリマスターの効果はあらたか。クラッシュ好きなら、買う価値ありです。

●スパルタの新作を聞く。
 元アット・ザ・ドライヴ・インの人のバンドですね。 なんか久々に「これぞネオサイケ!」と言いたくなるアルバムに出会いました。

 泣きのメロディ、センチメンタルでドラマチックな曲調、エモーショナルかつ叙情的なギターなどなど。まあエモといえばエモだけど、あまりハードじゃなくて、メランコリックな面が強い。カメレオンズとかサッド・ラヴァーズ&ジャイアンツとか、ああいう英国風の暗いギター・バンド好きにはたまらないんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

■M.I.A.とJOJO広重

●M.I.A.新曲がヤバイ!

http://www.youtube.com/watch?v=VDSnLcu2HTI

もっとポップな方向にいくかと思ったけど、予想を超えて彼女は戦闘的ですね。まさにストリート感覚。素晴らしい。
しかしなぜ鳥インフルエンザ?

アルバムも出るらしい。大期待。(追記:6月中旬発売だそうだ)

リミックス
こっちもやばい
http://www.youtube.com/watch?v=PZQu-egV4zE

●JOJO広重さんのロングインタビュー
 今週の週刊ベースボールにJOJO広重さんのロングインタビューが載ってるぞ!
200702141421000
 ただしスポーツカード専門店の店主・廣重嘉之さんとして
200702141422000_1

 音楽の話は一個も出てきませんが。

(追記)
広重さんのブログで、この記事に関して触れておられる。
ディヴィッド・ホプキンスさんがスポーツカード・マニアだったとはねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.13

■クラムボンの新作とジュディマリ

 もう一週間以上前の話になってしまったが、2月4日、クラムボン新作のミックスのスタジオへいってきた。ファイナル・ミックスとなったばかりのアルバムの音をいち早く受け取るため。この週に取材があったからだが、今回はミックスまでミト君自ら担当したというDIYな作品だ。

 ミト君が卓を操作し、その場でアルバムから5曲ほど聴かせてもらう。外部の人間で音を聴くのはオレが初めてらしい。当のアーティストの横で完成したばかりの新作を聴くのは緊張しますね。ソファで隣に座ったのが郁子ちゃんだったので余計に(笑)

 5曲が5曲とも見事にバラバラな曲調だったが、どれも異様に完成度が高いので驚く。3月にマスタリングがあるので多少変わる可能性ありだが、アルバム最後の3曲には息が止まりそうになった。その後もらってきたCD-Rを何度もリピートしているが、見事な傑作である。これまでのクラムボンを形作ってきたものがすべてあり、かつ新鮮な響きがある。取材で改めて会った3人には、大きな一仕事をやりおえた充実感が漲っていた。

 それにしてもアルバムを完成したばかりのミュージシャンは、満足感で本当にいい顔をしている。発売は5月下旬になるらしいです。

(全然関係ないが)
ジュディマリの歌うスターリン「肉」

こんなのあったんだねえ。ユキちゃん素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.01

■もろもろ

「アドベンチャーズ・イン・ミニマル・エレクトロニック・サウンド」開催決定

4月16日(月) OPEN / START 18:30 / 19:00 ADV / DOOR ¥6,000(税込・ドリンクチャージ別) / - LINEUP Peter Christopherson/COH/Robert Goerl/esplendor geometrico TICKET チケットぴあ [252-288] ローソンチケット [35815] e+ LIQUIDROOM CISCO TECHNO,CISCO HOUSE,TECHNIQUE,DISK UNION SHIBUYA CLUB MUSIC SHOP,DISK UNION 新宿本館6F,2/17 ON SALE ※2/9(金)20:00~LIQUIDROOM HPにて先行予約あり INFO LIQUIDROOM 03(5464)0800

い、いったいなぜ今こんなイベントが? よくわかりませんが、当然いきますよ!

マリー・ザ・モンチ来日決定

 前回の来日は92年。そのときはブラジル音楽には全然関心がなかったので、当然見逃している。今回はもちろん見に行きます。

 湯川潮音
 最近気に入っていてよく聴く。

 メジャー・デビュー後のものしか知らなかったので、インディーズ時代の『タイド&エコー』というアルバムを買ってみた。

Tide_and_echo

 ジャケの写真は見るからにお子様だが(制作当時17歳)、中身はとてもいい。つうか、メジャー・デビュー後の作品より好きかも、オレは。まあ一歩間違えばエンヤなんだけど、まさに汚れなき乙女の歌。薄汚れた中年男にはまぶしくて仕方ありません。徹底的に彼女の声にフォーカスした作りで、これに比べるとメジャー・デビュー後の作品はいろいろ余計なものがゴテゴテくっついてる感じは否めないのだった。

 全曲洋楽のカヴァー集だけどラルフ・マクテルの「ストリーツ・オブ・ロンドン」なんて曲をやってて面白い。親父さんにおそわったんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »