« ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました | トップページ | ■アルビニのストゥージズ!! »

2007.02.20

■ザ・カーズの前身バンド

Renderphp


 友だちから教えてもらったザ・カーズの前身バンドMilkwoodの唯一のアルバム『How's The Weather』を新宿ユニオンでようやくゲット。カーズのリック・オケイセックとベンジャミン・オールが在籍していたバンドの73年作である。

1973年にパラマウント・レーベルからリリースされたC.S.Nタイプのグッド・アコースティック・サウンドが、S.S.Wファンを中心に近年高い評価を受けているグループ、ミルクウッドがリマスター仕様で待望のCD化。

このアルバムはカーズのリチャード (リック) ・オケイセックが在籍したという事でも注目ですが、なによりもこの美しいハーモニー&アコースティックな肌触りのサウンドは、C.S.Nフォロワーというよりも同等に語られるべき内容です。ほとんどの楽曲をリック・オケイセックが手掛けておりこれが、またメロディアスながら甘さ控えめという絶妙さです。こちらもCD化が切望されていた作品!! 今年最初のグレイト・リイシューといえるアイテムです。

 CSN&Yじゃなく、CS&Nというのはまあまあ的確な形容だろうか。つまりニール・ヤング的狂気とかハードネスとか緊張感のない、アコースティックなフォーク~カントリー・ロック(コーラス・ハーモニー多用)。いや、もっといえばS、つまりスティーヴン・スティルス的な熱気とかソウルフルさとかビート感覚もなくて、グレアム・ナッシュ&ディヴィッド・クロスビーのアルバムに通じる、微温的なゆるーいサウンドが延々と展開されている。ジャケットのメンバー写真も含めザ・カーズの面影など皆無もいいところ。声はかろうじて後のリック・オケイセックを思い起こさせるかな(節回しはまったく違う)。

 まあ70年代初頭のシンガー・ソングライター系が好きなら、買っても損はないかな。完成度は高いとはいえないし、技術的にも大したことはないけど、なによりすごく素朴で清らかで、35年前の若者ってこんなに純情だったのだなと感慨深くなる。

 限定500枚と帯にある。友人によれば、「韓国のレーベルが出したものに歌詞カードと帯を日本で用意した(紙ジャケも?)という形のもののよう」ということだ。ちなみに国内はディスクユニオン限定発売のようである。

|

« ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました | トップページ | ■アルビニのストゥージズ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/13980688

この記事へのトラックバック一覧です: ■ザ・カーズの前身バンド:

« ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました | トップページ | ■アルビニのストゥージズ!! »