« ■M.I.A.とJOJO広重 | トップページ | ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました »

2007.02.16

■ROVO~クラッシュ~スパルタ

●2/11
ROVO@リキッドルーム。昨年秋のスタジオコーストのライヴは見逃しているので、ライヴは久しぶりだ。

 結成10周年記念ということで、前半は最初期の曲を、後半は脱退した中西宏司がゲスト参加して中期以降の曲を演奏するスペシャルなプログラム。やはり初期の曲は構成も演奏もシンプルで、そのぶん力強い。そして中西ひとりが加わることで演奏はぐっと色彩豊かに、広がりが出て複雑になる。前半がロック/トランス色濃いとするなら、後半はプログレ/ジャズ・ロック色が強かったと言えるだろうか。どっちがいいかは好みだろうけど、個人的には後半のほうによりグッときた。かなりレアな曲も演奏したりして、2時間弱の演奏時間はずいぶん短く感じた。映像も素晴らしく、もちろん演奏は完璧。
 ちなみに恒例の野音は5月5日だそうです。

●2/12
 新橋の共同通信社で、「オーディオベーシック」誌の試聴対談。モノはクラッシュで、総額300万ほどのセットで「シングルズ・ボックス」を聴くという試み。こういうハイエンド・オーディオで、しかも調音の行き届いた専用ルームで大音量でクラッシュを聴くという体験は、そうそうないだろうと思うが、結論からいうと、素晴らしかったです。さんざん聞き慣れた曲なのに、この沸騰するような情動はなんなのか。後期は録音もよくて、最新のダンス・ミュージックとしても完璧に機能している。ロックの進化って何なのかと改めて思った。
 ちなみに「シングルズ・ボックス」のリマスターの効果はあらたか。クラッシュ好きなら、買う価値ありです。

●スパルタの新作を聞く。
 元アット・ザ・ドライヴ・インの人のバンドですね。 なんか久々に「これぞネオサイケ!」と言いたくなるアルバムに出会いました。

 泣きのメロディ、センチメンタルでドラマチックな曲調、エモーショナルかつ叙情的なギターなどなど。まあエモといえばエモだけど、あまりハードじゃなくて、メランコリックな面が強い。カメレオンズとかサッド・ラヴァーズ&ジャイアンツとか、ああいう英国風の暗いギター・バンド好きにはたまらないんじゃないでしょうか。

|

« ■M.I.A.とJOJO広重 | トップページ | ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/13930756

この記事へのトラックバック一覧です: ■ROVO~クラッシュ~スパルタ:

« ■M.I.A.とJOJO広重 | トップページ | ■次回ロック夜話・予約受付は終了しました »