« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.15

■80年代ベスト・ロック・アルバム100

 『レコードコレクターズ』誌の連続特集の80年代編。私も投票者のひとりとして参加しましたが、その個人ベスト25です。あれこれ考え込んでも完全に満足いくものなど選べるはずがないので、思いついたものを目をつぶって並べてみました。かなり適当なので、あまり突っ込まないでね(笑)。

1)Public Enemy / It Takes Millions of Nations To Hold Us Back
2)Discharge / Why
3)Public Image Ltd / Flowers of Romance
4)The Clash / Sandinista
5)Manuel Gottsching /E2-E4
6)The Pop Group / For How Much Longer Do We Dolerate the Mass Murder?
7)Talking Heads / Remain in Light
8)Big Black / Atomizer
9)Sonic Youth / Daydream Nation
10)DAF / Alles Ist Gut
11)Moebius-Plank-Neumeier / Zero Set
12)Prince / Controversy
13)New Order / Substance
14)John Zorn / Naked City
15)Meat Beat Manifesto / Storm Studio
16)Beastie Boys / Lisenced to Ill
17)Young Mable Giants / Colossal Youth
18)The Lounge Lizards / The Lounge Lizards
19)Youssou N'Dour / The Lion
20)Ministry / Twitch
21)Joy Division / Closer
22)Slayer / Reign in Blood
23)Husker Du / New Day Rising
24)The Smiths / The Queen Is Dead
25)Scritti Politti / Cupid & Psyche '85

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■石野卓球のインタビュー

石野卓球、ちゃんと動きます

 「bouce.com」掲載。InK新作のTDが終わった翌日(6月7日)にやったばかりのインタビューが、はやくも掲載。ここらへんはネット媒体ならではの早さです。

 InKの新作の話をとっかかりに、ここ1年ばかりの近況や40歳を迎えての心境、今後の電気グルーヴの予定などについて話しています。ここ2年ばかり卓球単独としての取材は受けていないそうで、けっこうレアではないでしょうか。例によって、記事では書けないような話もいっぱい出たんですが……毎週更新で計4回に分けて掲載予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »