« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.28

■ZOO / スリッツ本

 このエントリーで触れた「ZOO / スリッツ」本ですが、いよいよ公式発表されましたね。はたして発売日通り出るのか? 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.27

■現代消費社会の変遷

 最近めっきり更新頻度が落ちてるので、近況報告代わりに、最近気付いたことなど。タイトルはちょっとおおげさですね。

 私はふだんから家計簿をつけています。柄じゃないと思われるでしょうが、確定申告のとき便利なんですよ。

 それでコンビニやスーパー、外食も含めレシートをもらえるやつは片っ端から家計簿につけるわけですが、最近現金を使う機会がめっきり減っていることに気付きます。代わりに何を使っているかといえば、電子マネー。もともとこういうたぐいのものが好きだというのもありますが(そういう特集の多い日経トレンディは愛読誌だったりして)、携帯の中にedy,suica,nanaco,IDと4種類も入っています。電車はもちろんコンビニ、空港や駅の売店まで電子マネーは使えます。ふつうの小売店や外食ではまだまだ使える店は少ないですが、クレジットカードなら、ちょっとした規模の店は使えるし、タクシーもクレカはほとんどOK(こないだedyが使えるタクシーにも遭遇)。こないだ検査を受けた某大病院でも、クレカで支払いました。現金を使うのは近所のスーパーと、ファストフード系、小規模な外食屋や商店、それから誰かと食べに行って割り勘にしたときぐらい。行動半径によっては携帯さえあれば財布なしでも一日過ごせそうだし、今後電子マネーもクレカも使用可能な店はどんどん増えていくでしょう。だから最近は銀行で現金をおろすことがめっきり減っています。まさにキャッシュレス社会の到来を肌で感じているわけです。

 しかし。電子マネーといえど金を使っていることに変わりはない。だいたいクレカでオンラインチャージだから、最近現金を使ってなくていい傾向だなあ、などと油断していると、クレカの請求がきて腰を抜かすことになる。もう察しがついたでしょうが、なぜ今こんなことをグダグダと書いているかといえば、その請求がついさっき届いてガクブルしているわけです。クレカも電子マネーもヴァーチャルなものなので、なんとなくお金を使っている意識が希薄になってしまうのも危険です。支払い、どうしますかねえ……

 それに携帯買い換えて大容量のi-アプリが使えるようになったおかげで、電子マネーや各種会員証、ポイントカードなどあらゆるものが携帯に収まってしまうようになりました。便利は便利だが、もし無くしでもしたらエライことになる。酔っぱらったときには気をつけよう……という教訓でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

■下北沢ZOO

 むかし(80年代後半から90年代前半)下北沢に『ZOO』というクラブがあった。元は『下北ナイトクラブ』と名乗っていて、最後のころは『スリッツ』と名前を変えた。スチャダラパーやTOKYO NO.1 SOUL SETがライヴをやったことで有名ですね。

 当時オレは『NEWSWAVE』という洋楽系のミニコミをやっていて(このブログの「newswave on line」とは、そのウエブ版という意味です)、ZOOで冠イベント『NEWSWAVE NIGHT』をやるようになった。そのときがオレのDJ初体験。レジデントで一緒に回していたのが、現在世界のトップ・ハウスDJであるEMMA君や、TKD。

 毎月1回木曜日のイベントで、1年半か2年ぐらい続いたのかな。狭い店だったけど、ピークのころは動員が100名を超えていて、ライターの火がつかないような酸欠状態だった。当時の平日のオールのイベントとしては異例の動員だったと思う。そのころはほかにロックのイベントってなかったですからね。卓球とかフリッパーズ・ギターのふたりとか、客として来ていたと、あとで聞いた。ぼくのわがままでイベントは終了しちゃったんだけど、ほぼ入れ替わりの形でスタートしたのが瀧見憲司くんの『LOVE PARADE』で、マンチェ・ブームに乗って大盛況だったみたいですね。それが「渋谷系」の発祥だと聞いています。

 その『ZOO』の回顧本が出るらしい。監修は元ZOOの店長で、今はTOKYO NO.1 SOUL SETのマネージャーをやってる山下さん。で、こないだほかならぬTKDに取材を受けた。なんせ20年近く前のことなので細かいことは忘れてるんだけど、久々に昔のことを思い出して楽しかった。こないだInKの取材で川辺ヒロシに会ったら、やはり彼も荏開津広くんに取材を受ける予定らしい。「NEWSWAVE NIGHT」は怖くて行けなかった、とか言われちゃったけど(笑)。

 さっき自分のコメント分の校正がきて、戻したところ。発売は秋ごろになるのかな。とても楽しみだ。ちなみに本の編集担当は、例のストリート/ハードコア系イベント『LOW LIFE』の主宰の浜田さん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.08.02

■フジロック07

 今年はいつも定宿にしているホテルが工事中で確保困難という話で、もし予約がとれないようなら3日間フル参加は無理かな……と思っていたのだが、すんなりとれたので、例によって前夜祭から参加。お金も時間も体力も手間もかかる夏のイベント。行く前はややユウウツだったものの、いざ始まってしまえば、やはり楽しい。ちょっと間があいてしまいましたが、軽く感想など。

●今年からプレス用の駐車場が、苗場プリンス前から、3.5キロほど離れた場所に移動。かってスキー場用に使われていたとはいうものの、山奥の辺鄙な場所で、携帯も通じない、いまはうち捨てられた廃虚のような古い駐車場。係員のひとりもいない。送迎のバスが一時間に一本くるのだが、それまでの不安なことといったら……

●今年はさほど雨にもたたられず、コンディション的にはここ数年の間ではベストだった。月曜日の苗場は豪雨だったから、一日ずれてたらかなり辛いことになっていたろう。その点はラッキーだった。やっぱ夏の野外フェスは暑くなきゃね。人も適度な混み方で快適。ただし2日目のメインアクト終了後のオアシス広場の混み方は異常だった。

●前夜祭でワインを半年以上ぶりに飲まされる。大して量は飲まなかったが翌日テキメンに応えたので、それ以降はセーブ。おかげで最後まで頑張れた。今年から持っていった背もたれ袖つき巨大折りたたみ椅子にも助けられた。大きいけど肩にかつげば意外に負担でもなかったし、小さな携帯用の椅子に比べると段違いにラク。だから今年は以外に体力を消耗せず済んだ。

●例によってカメラを持っていって、お会いした方の写真を撮ったが、今年はいつになく会った人が少なく、恒例のフジ写真集はやめておきます。特に業界の知人に会わなかったなあ。みんなフジは卒業?

●前夜祭も含め見たものの、○と×。ほんの一瞬しか見てないものも含むので、評価はお遊び。個々の感想は、気が向いたら。

(前夜祭)
○ジライヤ

(1日目)
×ブロンド・レッドヘッド
×センチメンタル・シティ・ロマンス
○ゴマ&ジャングル・リズム・セクション
○アキコ/モレーノ=ドミノコ=カシン+2
×レイルロード・アース
×ユア・ソング・イズ・グッド
○キングス・オブ・レオン
×オーシャン・カラー・シーン
○ミューズ 好きじゃないけど、みんなが好きなのはわかる
○×キュアー 言いたいことはたくさんある
◎イルリメ 天才!

(2日目)
×ザ・バーズ・アンド・ザ・ビー
○湯川潮音
○!!!
○カイザー・チーフス
◎オマー・ロドリゲス・グループ
○ストゥージズ
○ビースティ・ボーイズ
○ジョナサン・リッチマン

(3日目)
○面影ラッキーホール
×ディアフーフ
○エレクトラレーン
○toe 予想以上に良かった。ポストロック界のザ・ポリスって感じ
×せいかつサーカス
××上原ひろみ 今回のガッカリ大賞
○ジョナサン・リッチマン
○クラムボン ただし1発目に「Bass,Bass,Bass」を持ってきたのは、明らかに失敗(笑)
◎バトルス
○ヴォアダムス
×ケミカル・ブラザーズ でも映像と音響はすごかった。ヴォアダムスに比べると、大金持ちってかんじ

 でも一番ウケたのは、行き帰りの車中で同行者に聴かされたドラゴンフォースというバンドの「インヒューマン・ランページ」というアルバムだった(笑)。メロスピ侮り難し。最終日の夜ははやめにホテルに戻り、テレビの選挙速報に釘付け。当選インタビューを受ける丸川珠代の、シャブでも打ってるんじゃないかと思うほどの瞳孔の開いたうつろな表情がすごかった。

 月曜日は15時前に帰宅。帰りの高速が土砂降りの雨で運転にかなり神経を使った。18時から渋谷でバトルスの取材。そのあとタワーのインストア・ライヴ。取材中、ライヴ本番直前だというのにグビグビとビールを飲んでるのに驚く。ライヴの出来はフジの4割減って感じでしょうか。もちろんそれだけ見ていれば十分すごかったと思うけど、昨日があまりにすごすぎた。酔っていたせいか?ミスも目立ったしね。
 
 そんなわけで翌日にはもう現実に戻り仕事に集中。今週末は自宅で原稿だ。来週はサマソニだが、行けるかなあ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »