« ■下北沢ZOO | トップページ | ■ZOO / スリッツ本 »

2007.08.27

■現代消費社会の変遷

 最近めっきり更新頻度が落ちてるので、近況報告代わりに、最近気付いたことなど。タイトルはちょっとおおげさですね。

 私はふだんから家計簿をつけています。柄じゃないと思われるでしょうが、確定申告のとき便利なんですよ。

 それでコンビニやスーパー、外食も含めレシートをもらえるやつは片っ端から家計簿につけるわけですが、最近現金を使う機会がめっきり減っていることに気付きます。代わりに何を使っているかといえば、電子マネー。もともとこういうたぐいのものが好きだというのもありますが(そういう特集の多い日経トレンディは愛読誌だったりして)、携帯の中にedy,suica,nanaco,IDと4種類も入っています。電車はもちろんコンビニ、空港や駅の売店まで電子マネーは使えます。ふつうの小売店や外食ではまだまだ使える店は少ないですが、クレジットカードなら、ちょっとした規模の店は使えるし、タクシーもクレカはほとんどOK(こないだedyが使えるタクシーにも遭遇)。こないだ検査を受けた某大病院でも、クレカで支払いました。現金を使うのは近所のスーパーと、ファストフード系、小規模な外食屋や商店、それから誰かと食べに行って割り勘にしたときぐらい。行動半径によっては携帯さえあれば財布なしでも一日過ごせそうだし、今後電子マネーもクレカも使用可能な店はどんどん増えていくでしょう。だから最近は銀行で現金をおろすことがめっきり減っています。まさにキャッシュレス社会の到来を肌で感じているわけです。

 しかし。電子マネーといえど金を使っていることに変わりはない。だいたいクレカでオンラインチャージだから、最近現金を使ってなくていい傾向だなあ、などと油断していると、クレカの請求がきて腰を抜かすことになる。もう察しがついたでしょうが、なぜ今こんなことをグダグダと書いているかといえば、その請求がついさっき届いてガクブルしているわけです。クレカも電子マネーもヴァーチャルなものなので、なんとなくお金を使っている意識が希薄になってしまうのも危険です。支払い、どうしますかねえ……

 それに携帯買い換えて大容量のi-アプリが使えるようになったおかげで、電子マネーや各種会員証、ポイントカードなどあらゆるものが携帯に収まってしまうようになりました。便利は便利だが、もし無くしでもしたらエライことになる。酔っぱらったときには気をつけよう……という教訓でした。

|

« ■下北沢ZOO | トップページ | ■ZOO / スリッツ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/16255091

この記事へのトラックバック一覧です: ■現代消費社会の変遷:

« ■下北沢ZOO | トップページ | ■ZOO / スリッツ本 »