« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

■次回ロック夜話

★「小野島大のロック夜話」
@円盤=http://www.enban.org/
1/20(日)18時半開場 19時開演
チャージ:1000円(incl. 1 drink)
ゲスト:田中宗一郎(『SNOOZER』誌編集長)
司会:小野島大(音楽評論家)
*ゲストの愛聴盤を聴きながら、ゲストが自身の音楽史や音楽観を語り尽くすトーク・ライヴ・ショー。

 今回は初めての非ミュージシャンのゲストです。
 最近私はスヌーザー誌で仕事させていただくことが多く、当然タナソー氏と話す機会も多いんですが、その文章以上に饒舌で論客ですね。彼との会話はいつも面白く刺激的です。スヌーザー誌などあちこちで対談・座談会をやりまくってる人なんで、それと同じようなものになっても仕方ない。今回は彼の音楽誌編集長としての表の顔だけでなく、もっとパーソナルな音楽観を引き出せればいいと思っています。

 今後はこういう非ミュージシャン系のゲストも増えていくと思いますが、動員がどれぐらいあるのか、オレとタナソーの対談をお金出して見たいと思う人がどれぐらいいるのか全然わかりません。かっこつく程度にお客さんが入ってくれれば、今後のゲストの幅も広がりそう。ともあれ興味のある方は予定に入れておいてください。将来、音楽関係の仕事(とくにジャーナリズム関係)につきたいと思っている人も必見の内容になるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.06

Mary J. Blige

 新作『Glowing Pains』(12/19日本盤発売)で、トッド・ラングランの「ハロー・イッツ・ミー」をやってる。これがあまりに素晴らしすぎて悶死。割合に原曲(ナッズのオリジナルではなく、『サムシング/エニシング』収録ヴァージョン)に忠実なアレンジで、ブライジの歌唱もオリジナル・メロディをあまり崩さず歌っている。そうするのが一番と思ったのだろうし、だからこそ原曲の甘美なフィリー・ソウル風味がちゃんと活かされた最高の仕上がり。資料にはこのカバーについて何も触れられておらず、どういう理由で取り上げたのかわからないが、たぶんトッドのディープな黒人音楽愛好家としての側面に共鳴したのだ……と思いたい。

 さっきからこればかり聴いているので全然仕事が進まない。いやー年も押し詰まって、いいものに巡り会いました。

 ちなみに日本盤(およびUK盤)のみ収録の曲なので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »