« ■もろもろ近況報告など | トップページ | ■次回ロック夜話 »

2007.12.06

Mary J. Blige

 新作『Glowing Pains』(12/19日本盤発売)で、トッド・ラングランの「ハロー・イッツ・ミー」をやってる。これがあまりに素晴らしすぎて悶死。割合に原曲(ナッズのオリジナルではなく、『サムシング/エニシング』収録ヴァージョン)に忠実なアレンジで、ブライジの歌唱もオリジナル・メロディをあまり崩さず歌っている。そうするのが一番と思ったのだろうし、だからこそ原曲の甘美なフィリー・ソウル風味がちゃんと活かされた最高の仕上がり。資料にはこのカバーについて何も触れられておらず、どういう理由で取り上げたのかわからないが、たぶんトッドのディープな黒人音楽愛好家としての側面に共鳴したのだ……と思いたい。

 さっきからこればかり聴いているので全然仕事が進まない。いやー年も押し詰まって、いいものに巡り会いました。

 ちなみに日本盤(およびUK盤)のみ収録の曲なので注意。

|

« ■もろもろ近況報告など | トップページ | ■次回ロック夜話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/17288250

この記事へのトラックバック一覧です: Mary J. Blige:

« ■もろもろ近況報告など | トップページ | ■次回ロック夜話 »