« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.21

■ありがとうございました

 昨日のロック夜話、ご来場いただいた方はありがとうございました。

 びっくりするぐらいたくさんのお客さんにきていただき(過去17回やっているこのイベントでも動員はかなり上位のほうだった)、タナソーさんも大張り切りで、こっちがはらはらするほど率直にいろいろなことを話していただきました。とくに少年時代からの自分史を、かなりつっこんであかしていただいたのは感謝。ご本人は、お客さんが楽しんでいただけたかどうか、かなり気にしていましたが、タナソーファンはもちろん、音楽ジャーナリズムのありかたに関心を持つ人にとっても、有意義な時間だったと思います。
 九州DJツアーから会場に直行、3時間半しゃべりっぱなしだったタナソーさん、本当におつかれさまでした。

 次回は3月16日予定。ゲストはまだ未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

■横山健@武道館

 良かった。楽しかった。

 開演時間ギリギリに会場に到着したら、物販にものすごい長蛇の列で、この時点でもうお祭りムードは絶好調。会場に入ったら2階席の上のほうまでびっしり詰まった超満員。ライヴが始まれば、フロアのあっちでグルグル回ってるわ、こっちで折り重なってるわ、そっちで肩組んでスキップしてるわ、押し合いへしあいぶつかりあい、ダイブしてるわボディサーフしてるわ、上から見てるとぴょんぴょんと飛び跳ねてるさまが人間ポップコーンみたいでおかしくて仕方ない。あまりに面白いので、ずっとフロアばかり見てた。とにかくすごい熱気とエネルギーが充満してて、こんなにヴォルテージの高いロックのライヴって、すんごい久しぶりに見た気がする。アーティストも客もとにかく楽しそうで屈託がなくて、こっちもニコニコしっぱなし。連帯とか団結とか共有とか、そんなタームがいまどれだけ有効なのかわからないが、こんな場を共に作り上げることができたアーティストも客も本当に幸せだと思う。もしオレが10代のガキなら、一生忘れられないような思い出になったろう。

 ロックのライヴでこんなに気持ちのいい、後味のいいのは久しぶり。音楽的に語るべきポイントってそんなになかったりするけど、そんなのどうでもいいや……と思わせてくれたのも久しぶりだった。いい夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »