« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.24

■A&Vフェスタ in パシフィコ横浜

 下記エントリーのオーディオイベント。ご来場いただいた方はありがとうございました。関係者によると、キャパ120程度の会場で、おそらく150名前後は入ったのではないか→なんと! 瞬間最大風速で340人入場ですと! ありがとうございました!とのこと。動員的には大成功だった。でもイベントとしては…正直、ちょっと不完全燃焼気味だったと思う。来てくださったお客さんには申し訳ない。以下、言い訳です。

 会場に到着すると、思ったよりずっと広い部屋。ちょっとした会議室みたいなところかと予想していたが、会社の全体朝礼でもできそうな広さである。そこに総額1900万超のシステムが並ぶとさすがに壮観。

 しかし音を出してみると問題続出だった。会場の音響レベルが最低。まずはプリアンプのヴォリュームの11時から12時ぐらいの音で出してみたが、床鳴りがひどく、中低域が混濁して、とくにFレンジの広い最近の録音は苦しく、マッシヴ・アタックのような特に低域のブーミーな録音は、正直お話にならないレベルの再生音。おまけに会場が広いため、12時程度のヴォリュームでも「爆音」にはほど遠い。だからといって、それ以上あげようとすると完全に音が破綻してしまう。仕方ないので10時から11時ぐらいのヴォリュームで、なんとか聞けるレベルのソフトをあれこれ探っていたら、会場側から「音量をさげてくれ」とのお達しが。ひえー。おまけに事前の準備時間も足りず、セッティングをつめきれない。

 そうこうするうち時間が来たので開場。広い会場がたちまちお客さんで埋まり、そうすると床鳴りが多少押さえられ、吸音効果も出てきて、リハのときよりは少しはマシな再生音になった。しかしそのぶん、体感的な音量レベルが落ちて、再生音はますます「爆音」からは遠ざかる。うーむ…

 しかも中低域のまとまりのなさは変わらず、一番期待していたコーネリアスはあまりに再生音がプアで、途中で試聴中止したほど。PILやエイフェックス・ツインはまあまあいい音で鳴っていたが、レディオヘッドもメタリカも到底満足できる音ではない。おまけに聞き進むうち、途中で頻繁に音(とくにウーファーからの)が途切れるようになる。最初はスピーカーがとんだのかと肝を冷やしたが(なんせ何回も前科があるので)、どうやらパワーアンプ(LINN)が「過大入力」ということで保護回路が働き、一時的に信号を遮断していたらしい。そういえばいつぞや和田博巳さん宅で爆音リスニングパーティーをしたときも、同じような現象が起きたことがあって、そのときもパワーアンプはリンだった。リンはとても音楽的で美しい音のするアンプだけど(私も使ってる)、その瀟洒な外観から想像つくとおり、室内でおとなしく聴く人向け。こういう乱暴な用途には向かないということだろう。アンプやプレイヤーの選択はオーディオベーシック編集部と広瀬さんにお任せしたのだが、今回のイベントに限っては、多少音はガサツでも、クレルあたりのアメリカン・ハイ・パワー仕様のもののほうがよかったようだ。

 そして1時間半という時間はやはり圧倒的に短く、もっていったCDのごくわずかしかかけられず。ダムドもビョークもレッチリもクリス・クラークもシネマティック・オーケストラもコンヴァージもジス・ヒートもジョイ・ディヴィジョンもフィッシュマンズもピクシーズもバトルズもガスター・デル・ソルもビッグ・ブラックもかけられずじまい。最後に広瀬さん持参のゆらゆら帝国で盛り上がって(これも保護回路のおかげで中断したけど)、最後にニルヴァーナでもかけるかと思っていたら、主催者から、もう終わりにしてくださいと言われショボーン。なんだか実に尻切れトンボな、冴えない終わり方になってしまった。

 なんとも不完全燃焼な1時間半。もっと会場は狭くていいから、ちゃんとそれなりの防音・調音対策を施したハコで、それなりのアンプを用意して、セッティングもじっくり詰めて、もう一度リターンマッチしたい!!! そんで時間は5時間ぐらいやりたいですねー希望の方はオーディオベーシック編集部に要望してください…としゃべってはみたものの、小さなハコで5時間ぶっ通しで爆音で、って、それ、クラブってことじゃんと、あとで知り合いに指摘された。そりゃそうだよなー。悔しいけど、爆音度も音の良さも代官山AIRはおろか中目黒のOVOや渋谷のマイクロオフィスあたりにも全然かなわなかった。もちろんそういうハコの音はクラブ・ミュージック向けに特化してるし、聞くというよりは全身で浴びて踊るためのものだから、広瀬さんがかけたようなキング・クリムゾンやボブ・ディラン、あるいはコーネリアスみたいな音源が最上の音で聞けるとは限らないし、ホーム・オーディオにはホーム・オーディオなりの良さがある。だからできればオーディオメーカーが使っているような広めの試聴室で、10~20人ぐらいのお客さんを集めて、もう一度やってみたいという思いは強く持った。

 司会進行としてもちぐはぐで、「セミナー」と銘打っているわりには役に立つ話はいっさいできす。いくら無料イベントとはいえ、わざわざ遠方からきてくださった入場者の方には本当に申し訳なかったです。なにより私が悔しい。リターンマッチがしたいなあ。

 最後に、事前になんの打ち合わせもなかったのに突然指名してしまい、それでも快く壇上にあがってもらってコメントまでしてもらったクラムボンのミトさん、すいませんでした&ありがとうございました。

 それにしても悔しい… 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.02.19

■すごいことになってきた

下のエントリーで書いた、このイベントですが、

★「A&Vフェスタ2008」@パシフィコ横浜
「ロックこそいい音で聴こう」
http://www.avfesta.com/avf08/event/seminar.html
2月23日(土)14:30~ 入場無料
出演:広瀬陽一・小野島大
共同通信社・オーディオベーシック誌
☆ハイエンド・オーディオ装置でロックを爆音で鳴らす!


 このイベントの使用機材が決まりました。

●SACD&CDプレーヤー ワディア581 ¥1,764,000
●プリアンプ FMアコースティックスFM255MkⅡ ¥4,830,000
●パワーアンプ リン KLIMAX SOLO ¥3,570,000(ペア)×2
●スピーカー ATC SCM100SLPT ¥2,100,000(ペア)
         PMC MB2 ¥3,232,950(ペア)


 ひいいいいいいいいいいいい

 プレイヤー+プリ+パワーの計だけで、13734000円
 スピーカー2セットを足してなんと総額19066950円!

 1900万円超ですよ!!!

 私が想定していたのはせいぜい総額200~300万クラス、スピーカーはジェネレックとかKRKの中型パワード・スピーカーか、民生用ならATCの中堅クラスをお願いしてたんですが、アンプもプレイヤーもスピーカーも、そのはるか上のランクをオーディオベーシック編集部が揃えてくれました。リンのKLIMAX SOLOを4台ということは、バイアンプ駆動するわけでしょう。ひえーなんて贅沢な。

 このクラスの機器を揃えて聞く機会なんて、プロのオーディオ評論家でもない限り、まずないでしょう。まして自分の好きな音源で、好きな音量で心ゆくまで浸り込む機会なんて、この先2度とありえないはず。

 クラブやライヴ会場で聴くのとはひと味違う、ホーム・オーディオの極限体験。すごいことになりそうです。

 この超ハイエンド機器で、ギターウルフとかダムドとかストゥージズとか、そういうロックを巨大音量で聴くというバカな妄想がムクムクとわいております。コーネリアスとかエイフェックス・ツインみたいなモダンなエレクトロニク・ミュージックも、気持ちよさそう。

 いやあ、楽しみ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.11

■2/23は横浜へ

★「A&Vフェスタ2008」@パシフィコ横浜
「ロックこそいい音で聴こう」

2月23日(土)14:30~ 入場無料
出演:広瀬陽一・小野島大
共同通信社・オーディオベーシック誌
●ハイエンド・オーディオ装置でロックを爆音で鳴らす!

 広瀬さんと私で、愛聴盤を持ち寄り、超高級オーディオで、それを比較試聴しながら、勝手気儘にしゃべりまくるという内容になるはずです。いわば、「オーディオベーシック誌」で連載している「シンキング・イヤーズ」をお客さんの前でやろうというイベント。

以下、広瀬さんの日記から転載

面白いかどうかは、よく分かりません。でも、ひとつだけ、お約束できます。 他にもイベントが組まれていますが、たぶん、我々のものが、一番、大音量で音を鳴らしてるはずです。常軌を逸してるとしか思えないくらいのレベルで。オーディオベーシックの編集長にも、スピーカーのユニットがぶっ飛んだり、焼け焦げても、知りませんよ、と既に確約済みです。

みなさま、お暇でしたら、是非お越しくださいませ。入場無料です。

 ギターウルフとストラグル・フォー・プライドのスプリット・シングルで自宅スピーカーをとばし、各誌オーディオ視聴でメーカー貸与のスピーカーを何台も飛ばした前科がある私に、よくこんな無謀な企画を持ち込んでくるものです(苦笑)。
 たぶん1時間半ぐらいになるのかな? 私はニルヴァーナとかエイフェックス・ツインとかバトルズとか、そういうのをもっていく予定。お待ちしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »