« ■次回meet upは3/17! | トップページ | ■次回bug IIIは4/2 »

2010.03.21

■『ロックがわかる 超名盤100』が重版

 先日、拙著『ロックがわかる 超名盤100』(音楽之友社刊)が、何度目かの版を重ねました。初版以来5年、地道に売れて続けています。もちろんもともとの初版部数が大したことないので、総部数も巷のベストセラーに比べればとるにたらないものですが、それでも初版から5年もたって重版がかかるのは、なかなか頑張っているほうのようです。これもみなさんのおかげです。ありがとうございます。

 ロック名盤選のたぐいはほかにもいくつか出てますが、評文の密度と質の高さは、いまでもほかには負けていないと自負しています。個人が主観で選んでいるものですから、すべてのジャンルから完全に公平に選出されているとは言いませんが、それでも類書にはない視点を打ち出せたと思います。もちろん選んでいるのは、いまでも自信をもっておすすめできるアルバムばかりです。これからロックを聴こうという人はもちろん、ベテランのリスナーの方にも面白く読んでいただけるよう、配慮しました。1000円でおつりがくる安さなので、まだの方はこれを機に是非読んでみてください。本書を酒の肴にして、あれこれロック談義を楽しんでいただければ、著者としてこれ以上の幸せはありません。

|

« ■次回meet upは3/17! | トップページ | ■次回bug IIIは4/2 »

コメント

はじめまして。

数年前に『ロックがわかる 超名盤100』を購入しました。それまでの僕にとってのガイド本は渋谷陽一さんの『ロックベストアルバムセレクション』でした。『ベストアルバム~』が客観視点を重視しているのに対し、小野島さんの方は主観視点。そして主観視点であるが故に、斬新な表現、形容も多く、『ベストアルバム~』とは一味違う、鋭さが魅力だと思います。この手のガイド本の楽しみ方のひとつとして、数年後に再度開いて、その時点での自分の年齢や経験値に応じた読み方、発見が出来る事が挙げられます。今後も末永く、何度も、何度も、読み返していきたいと思います。

投稿: mizuta | 2010.03.21 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16717/47865394

この記事へのトラックバック一覧です: ■『ロックがわかる 超名盤100』が重版:

« ■次回meet upは3/17! | トップページ | ■次回bug IIIは4/2 »